茅ヶ崎版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

柳島小の唐木君が県優勝 寒川柔友会先輩の鎌田君も

スポーツ

唐木君(左)と鎌田君
唐木君(左)と鎌田君
 寒川柔友会に所属する柳島小学校4年の唐木隼大君と、一之宮小学校5年の鎌田礼於君が6月に行われた「神奈川県小学生柔道大会」で優勝した。鎌田君は8月に行われる全国大会に神奈川県代表として出場する。

 小学4年生男子45kg超級で優勝した唐木君は、兄の背中を追いかけて柔道の世界に。決勝戦は接戦となったが、判定で勝利を収めた。「技をかけるまでに時間がかかる」と自身の課題を挙げながらも「僕は五輪で3回勝ちたい」と一緒に取材を受けていた鎌田君を意識しながら力強く言い放った。

 全国に行けるのは5年生から。唐木君について同会の三谷健代表は「兄とタイプは違うが、試合が上手で前に前にという柔道ができる。しっかり練習して来年は鎌田君に続いてほしい」と話した。

鎌田君は全国進出

 小学5年生男子45kg超級で優勝した鎌田君は、昨年に続く2回目の優勝。決勝は昨年と同じ顔合わせとなり「自信はあった」とライバルを再び退けた。現在85kgと恵まれた体格を誇る鎌田君は、実は痩せるために柔道を始めたという。ところが、その魅力にはまってしまい、全国への扉を開けることに。将来は「五輪で優勝したい」と自信満々で答えた。

 三谷代表は「あの体は宝。お腹に夢が詰まっているようなもの。大人しい性格でしたが、自分から勝ちたい気持ちが前面に出て、成果が出ましたね」とうれしそうな表情。

柔友会4人が決勝へ

 鎌田君は同会から2人目の全国大会進出者。実は1人目というのが唐木君の兄・康大君(国士舘中2年)なのだ。同会からは今回、小学5年生男45kg級の菊地陽向君と、小学4年生女子40kg超級の大石碧海さんが準優勝しており4人が決勝戦に駒を進めた。「4人が決勝に行ったのは初めてのこと。練習の成果、下の子の面倒をみるなど成果が上がってきた」と三谷代表は目を細めた。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゲーム効果で若年層の来館増

ゲーム効果で若年層の来館増

国木田独歩の半生を辿る 9月30日まで

4月14日~9月30日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク