茅ヶ崎版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

国登録有形文化財 「旧氷室家」が候補へ 別荘地の意匠現代に伝える

文化

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
南側外観(提供:市教育委員会)
南側外観(提供:市教育委員会)

 国の文化審議会は7月20日、市内東海岸南にある「旧氷室家住宅主屋」を、国の登録有形文化財(建造物)とするよう文部科学大臣に答申した。登録は今年11月の見通しで、正式な登録になれば、市内では4件目となる。

*  *  *

 木造2階建て、建築面積は152平方メートル。今回、昭和初期の都市近郊における別荘開発の様相を伝える建物として評価された。

 西側は居間として使用された板張りの洋室を中心とする開放的な造り、東側は床の間を配した和室や緩やかな勾配の軒、直線的構成などのモダンな和風意匠が特徴。洋室と和室の間には段差を利用した通気口が設けられ、通風の工夫が見られる。

 同建築物は、三井不動産の元副社長氷室捷爾(しょうじ)さん・花子さん夫妻の住居として知られる。元は洋菓子店を営んだ実業家・吉田忠哉さんが1935(昭和10)年に別荘として建造。娘夫婦(氷室家)が受け継ぎ、1960年に東側を増築した。

「氷室椿庭園」で外観公開中

 夫妻没後、1991年に親族によって庭園とともに市へ寄贈。「氷室椿庭園」の一部として整備され、外観が公開されている。内部の見学は、開園当時は可能であったが、現在は耐震の問題などからできなくなっている。市公園緑地課は現在、耐震のための調査を進めている。社会教育課は「今回の答申を機に、氷室家への関心を深めてもらえれば」と話した。

 今回の答申では新たに209件、県内ではほかに海老名市から3件あげられた。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

ワークスペース各地で誕生

ワークスペース各地で誕生 経済

多様化する働き方に対応

11月20日号

ヴィグラスが4部門V

ヴィグラスが4部門V スポーツ

エアロビック全日本大会

11月20日号

相模線発車音に加山さんを

相模線発車音に加山さんを 社会

変更求め署名スタート

11月13日号

"腸活"で3団体コラボ

"腸活"で3団体コラボ 経済

11月16日からイベント

11月13日号

冬のひまわり「名所に」

冬のひまわり「名所に」 社会

萩園の畑に500本初開花

11月6日号

新たな働き方をサポート

茅ヶ崎市・損害保険会社

新たな働き方をサポート 経済

企業対象 16日から動画配信

11月6日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク