茅ヶ崎版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

防災に生かす「女性目線」 マザーアース茅ヶ崎が発足

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
ミーティングを行うメンバー
ミーティングを行うメンバー

 女性の視点や感性を防災など地域課題に生かすコミュニティー「マザーアース茅ヶ崎」が、8月8日に発足した。きっかけは市内の30代〜70代の女性10人が、自治会や行政と対話する中でより生活に密着した情報の必要性を感じたこと。山田秀砂代表(66)=東海岸南在住=は「日々の生活の中で感じる、防災への疑問やモヤモヤの解決ができれば。細やかな感覚を反映して住民目線の防災計画も作成し、行政に発信したい」と話す。

 月に数回行っている公開ミーティングでは、東日本大震災時の「釜石の奇跡」と「大川小の悲劇」を具体的事例に「命の差が生まれてしまった理由」について検証。防災・減災のアイデアを出し合い、住民主体の防災計画を立てていくといい、今後は独自に市の全広域避難場所の検証も行っていく予定だ。

 小3・小5の2児の母親である亀鶴綾子さん(43)=常盤町在住=は「各世代の女性の声を集め、それぞれの不安をシェアできる場所でありたい」、登尾泉美さん(37)=東海岸南在住=は「0歳と3歳の子どもとともに自分が避難する具体的な方法など、個々の家庭に必要な知恵を得て発信したい」と語った。

 9月16日(日)には防災の専門家を招くイベント「ちがさき防災LOVE ACTION」を開催。会場はラスカ茅ヶ崎6階で、午前11時から午後2時。参加費無料。問い合わせは山田代表【携帯電話】090・3236・6285へ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

支援が必要な女性のために

支援が必要な女性のために 社会

国際ソロプチミスト茅ヶ崎

7月23日号

「長寿の祝いにひょうたんを」

「長寿の祝いにひょうたんを」 社会

愛好家団体が寄贈17回目

7月23日号

がん検診の受診控えていませんか

新型コロナウイルス感染症への不安から

がん検診の受診控えていませんか

7月23日号

ビーチクリーンに20人

Juriさん×タウンニュース

ビーチクリーンに20人 社会

7月23日号

同伴者1人無料に

神奈中バス

同伴者1人無料に 経済

土・休日 一日フリー乗車券

7月23日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

7月23日号

えぼしいわ夫とひんやりサマー

ひんやりギャグ大募集&チケットCP

https://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter