茅ヶ崎版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

初の自殺対策計画策定へ パブリックコメント実施中

政治

 茅ヶ崎市が初となる「いのち支えるちがさき自殺対策計画」の来年3月までの策定を目指し、12月1日から2019年1月4日まで、市民の意見を吸い上げるパブリックコメントを実施している。

 国内で毎年2万人以上が自殺で亡くなっていることを受け、国は17年7月に改定された「自殺総合対策大綱」の中で、18年度内に地域の実情に合わせた対策計画を策定することを示した。

 16年度の茅ヶ崎市の自殺死亡率(人口10万人に対する自殺者数)は、国の17・0に対し12・8と、国よりも低位で推移。一方で20歳未満男性が全国よりも2・1高い5・3など、性別・年齢によっては国平均を超える。また、市内の自殺の上位区分は、1位が「男性40〜59歳有職同居」で18・5%、2位が「男性60歳以上無職同居」で11・5%の割合となっている。

 自殺対策計画は5年計画で、数値目標として23年の市内自殺率を10・9以下にすることを掲げた。基本理念は『誰も追い込まれることのない共に支え合う茅ヶ崎市の実現』。基本方針には、学校におけるこころの健康づくり推進体制の強化を盛り込んだ「若年層への自分を大切にする取り組みの推進」など5つの施策を提案。重点施策としては、市の実態を踏まえて「働く世代」「シニア世代」「経済的な問題」について取り組みの方向性が示された。

 市は計画策定のため独自の市民討議会を発足。市保健予防課は「暮らしやすい地域づくりのため、市庁をあげて取り組みたい」と話した。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク