茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

2日は「生わかめまつり」 季節限定の市特産品

経済

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
引き上げられるワカメ(提供:沖右ヱ門丸)
引き上げられるワカメ(提供:沖右ヱ門丸)

 「えぼしわかめ」収穫シーズンを迎え、恒例の「生わかめまつり」が2月2日(土)、茅ヶ崎漁港荷さばき所で開催される。午前9時開始、売り切れ次第終了。雨天決行、荒天時は2月9日(土)に順延。当日は、えぼしわかめの直売やわかめの味噌汁の試食などが行われる。

 えぼしわかめは、茅ヶ崎市漁業協同組合のわかめ養殖研究会が育てる市の特産品。1月末から3月にかけ約2カ月のみ収穫、販売されている。

 養殖されているえぼし岩周辺は、穏やかな波と深い水深が相模湾の豊富な栄養を吸収するのに適し、良質な養殖場として知られている。わかめは多くの地域で乾燥や塩蔵で販売されるが、同組合では「採れたてが一番おいしい」と、茎ごと食せる早春の生わかめの販売にこだわる。収穫も傷つけないよう、機械ではなく、手作業で行う。

 今年は種付け、収穫時期ともに水温が高く、収穫量は多くないが、木村英雄組合長は「日照時間などは問題なく、品質はばっちり」と話す。イベント以外では組合加盟の船宿などで販売される。

収穫クルージング

 また、同組合は2月23日(土)、市内在住の6歳から12歳までの小学生とその保護者30組を対象に、えぼしわかめの収穫体験クルージングを初開催する。時間は午前9時から。費用はクルージング代込で大人1000円、子ども500円。希望者は2月5日(火)までに同組合に往復はがきで応募、抽選で参加者を決定する。問い合わせは同組合【電話】0467・82・3025へ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook