茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

阪神大震災から24年 茅ヶ崎で広める「被害者支援」 ピア・神奈川の渡辺治重さん

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
自宅で取材に答える渡辺さん
自宅で取材に答える渡辺さん

 阪神大震災から1月17日で24年―。関西地方に甚大な被害をもたらした災害がきっかけとなり、苦しむ人を支援するボランティアたちがいる。

 「ピア・神奈川」。被害者支援自助グループには現在9人のメンバーが在籍し、中には事故や事件の被害者遺族も含まれる。茅ヶ崎や横浜を拠点に活動し、犯罪などで苦しむ被害者やその家族に対して、同じ経験を持つメンバーが相談にのったり、生活を支援したりしている。

 会の発起人は、市内東海岸南在住の渡辺治重(はるえ)さん(73)。24年前、阪神大震災直後に現地のボランティアに参加しようとしていた大学生の長男を、不慮の事故によって亡くした。被災地へ向かうために購入したバイクで走行中、無謀運転していた車にはねられた。「食事ものどを通らず、毎日毎日泣いているばかりだった」という渡辺さんをさらに苦しめたのは、被害者たちが頼れる環境が整っていないこの国の現実だった。

市役所に相談窓口

 見舞金という支援はあった。しかし、渡辺さんが求めていたものは違う。「どこに、誰に相談していいのかまったくわからなかった」。さらにこう続ける。「加害者には弁護士がつくけれど、大きな事故でなければ国や市の支援もなかった」と渡辺さんは振り返る。

 自身の経験から2003年に設立したのがピア・神奈川。09年からは茅ヶ崎市役所で、相談窓口を開設している。毎月第1・3水曜に相談を受け付け、渡辺さんも同席する。

 2カ月前から相談に通う30代女性は「いろいろ聞いてもらえて楽になった。同じ境遇の人がどのように乗り越えたのかを知れてよかった」と、時折笑みものぞかせた。話に耳を傾けた渡辺さんは「守秘義務を守りつつ、相談者が前に進めるよう見守ってあげたい」と語る。ピア・神奈川への問い合わせは【携帯電話】070・5463・4944へ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook