茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

認知症 ゆるやかに知る空間 浜見平で「湘南オレンジカフェ」

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
蓄音機の音色とうたごえフラを楽しんだ
蓄音機の音色とうたごえフラを楽しんだ

 認知症をゆるやかに知り、地域の人と人がつながる場「湘南オレンジカフェ」。昨年8月から浜見平の商業施設内のイベントスペースを会場に、毎月第3月曜日に開かれている。6回目の開催となった1月21日に、この取り組みを取材した。

 温かい飲み物を囲み、蓄音機から流れる「リンゴの唄」や「青い山脈」に合わせフラダンスの手振りを楽しむ参加者たち。買い物ついでに会場をのぞく親子の姿もあった。金嶋敦さん(82)=浜見平在住=は「ボランティアセンターで活動していて興味を持った。親しみのある曲に触れつつ認知症について知れたのでまた来たい」と笑顔を見せた。

 「オレンジカフェ」とは、認知症の当事者や家族が集う全国的な取り組み。南湖でデイサービスOhana倶楽部を経営する藤本郁世(かよ)さん(48)=十間坂出身=が茅ヶ崎でも開こうと企画した。介護施設などが会場となることが多く、「もっとオープンな場所で行いたい」とNPO法人まちづくりスポット茅ヶ崎に相談。地域包括支援センターすみれの協力を得て実現に至った。

気軽に集える場所に

 藤本さんは「5年以内に、市内の60歳以上の3〜4人に1人が、認知症の当事者になる。『誰にもやさしい地域づくり』が必要」と話す。まちスポの企画担当・柴田真季さん(39)=南湖在住=は「地域の人と関わる私たちも、潜在的にカフェの必要性を感じていた。専門職ではないので形にできずにいたが、藤本さんからの声掛けをきっかけに協力している。他の地域で開催したい時には、まちスポに相談してもらえれば」と呼び掛ける。

 会場にはケアマネージャーやボランティアが常駐し相談を受けているほか、毎回「お楽しみ企画」を実施。この日は共恵の蓄音機居酒屋・綵菜亭(さいさいてい)が「うたごえフラ フイケアオアロハ フラサークルハウオリ」とコラボし、「蓄音機で歌声喫茶」を行った。「高齢の方が集い、懐かしい音色を楽しんでもらいながら交流できてうれしい」と綵菜亭の坂巻清光さん(51)=南湖在住。藤本さんは「気軽に訪れてもらい、認知症を理解する人を増やしていきたい」と語った。

 今後の開催は、2月18日(月)「うたごえフラ」、3月18日(月)「楽しく歯みがきをしましょう」。いずれも会場はサンノイチ(浜見平3の1BRANCH茅ヶ崎2・2階)で、午前10時から正午まで。参加無料、入退場自由。問い合わせは、まちスポ【電話】0467・89・2501へ。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「Ume-show」配布開始

「Ume-show」配布開始 教育

梅田小児童が地元商店紹介

3月27日号

美術館を年パスで

美術館を年パスで 文化

4月1日から発売

3月27日号

松本千鶴の植物画展

松本千鶴の植物画展 文化

ハスキーズで3日から

3月27日号

タケノコ堀り体験

小中学生親子対象

タケノコ堀り体験 社会

4月26日 市内の竹林で

3月27日号

茅ヶ崎市が人事異動を発表

Web限定記事

茅ヶ崎市が人事異動を発表 社会

部長級は10人

3月27日号

安竜二郎さんがグランプリ

安竜二郎さんがグランプリ 文化

山形県の動画コンテスト

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

月1回の経営・創業相談

月1回の経営・創業相談

市が主催、初回は4月3日

4月3日~4月3日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク