茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

待機児童140人 昨年同時期から24人増

教育

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県が2018年10月1日時点の保育所等利用待機児童数をまとめ、このほど発表した。

 県全体の待機児童数は3793人と前年同時期と比較して618人の減少となった。一方、茅ヶ崎市内は140人で前年同時期から24人増加した。鎌倉市の104人増、綾瀬市の28人増に次ぐ増加数となった。

 市保育課では待機児童対策として、希望園のマッチングなどを行う市独自の「保育コンシェルジュ」や、保育士の手当補強、事業所内保育園などの誘致や既存園の定員拡大などを進めてきたが、入園希望者の増加数に追いつかなかった状況だ。同課は「既存園のほとんどが想定している定員を超えて受け入れていただいている。ハードの限界という側面もあり、定員増以外の対策も必要」と説明する。

 同課は現在4月入園の準備を進めており「待機児童ゼロの目標は変わらない。今後も対策に努める」と力を込める。さらに「一口に保育希望と言っても、住環境や職場環境など、その背景は一人ひとり違う。事務的な対応でなく、顔の見える相談を心がけ、家庭の実情にあった、子育てしやすい環境づくりを行っていきたい」と話した。

 2019年1月1日時点での茅ヶ崎市内の保育施設在園児童数は4108人。

無償化見据え対策

 政府は2月12日、幼児教育・保育を無償化することなどを盛り込んだ「子ども・子育て支援法改正案」を閣議決定した。10月1日からの消費税率引き上げによる増収分を財源に充て、3〜5歳児の原則全世帯、0〜2歳児の税非課税世帯の認可保育所などの利用料が無料となる。財源は、初年度は全額国費負担、以降は「国と地方で適切な役割分担をする」と示されている。市保育課は「時代の流れを問わず、子育て環境の改善は必然。具体的な政府の指示に備えながら、制度移行を見据えた対策も同時に進めていきたい」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

湘南シラス不漁深刻

湘南シラス不漁深刻 社会

過去5年で最低水準

6月18日号

手作り作品販売

なかまの家

手作り作品販売 社会

20日 サンノイチ

6月18日号

平和考える映画を上映

ピースカフェちがさき

平和考える映画を上映 文化

7月2日から4作品

6月18日号

2年ぶりに海水浴場開設

サザンビーチ

2年ぶりに海水浴場開設 社会

海開きは7月17日

6月18日号

絵本のじかん

絵本のじかん 文化

まちスポ茅ヶ崎

6月18日号

#ちがすきフォトコン開催

#ちがすきフォトコン開催 文化

あなたの投稿がメイン写真に

6月18日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

7月1日開園!園児募集中です!

海老名市社家に企業主導型保育園が開園!年代別に3つの部屋で伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter