茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月22日号
  • LINE
  • hatena

待機児童140人 昨年同時期から24人増

教育

 神奈川県が2018年10月1日時点の保育所等利用待機児童数をまとめ、このほど発表した。

 県全体の待機児童数は3793人と前年同時期と比較して618人の減少となった。一方、茅ヶ崎市内は140人で前年同時期から24人増加した。鎌倉市の104人増、綾瀬市の28人増に次ぐ増加数となった。

 市保育課では待機児童対策として、希望園のマッチングなどを行う市独自の「保育コンシェルジュ」や、保育士の手当補強、事業所内保育園などの誘致や既存園の定員拡大などを進めてきたが、入園希望者の増加数に追いつかなかった状況だ。同課は「既存園のほとんどが想定している定員を超えて受け入れていただいている。ハードの限界という側面もあり、定員増以外の対策も必要」と説明する。

 同課は現在4月入園の準備を進めており「待機児童ゼロの目標は変わらない。今後も対策に努める」と力を込める。さらに「一口に保育希望と言っても、住環境や職場環境など、その背景は一人ひとり違う。事務的な対応でなく、顔の見える相談を心がけ、家庭の実情にあった、子育てしやすい環境づくりを行っていきたい」と話した。

 2019年1月1日時点での茅ヶ崎市内の保育施設在園児童数は4108人。

無償化見据え対策

 政府は2月12日、幼児教育・保育を無償化することなどを盛り込んだ「子ども・子育て支援法改正案」を閣議決定した。10月1日からの消費税率引き上げによる増収分を財源に充て、3〜5歳児の原則全世帯、0〜2歳児の税非課税世帯の認可保育所などの利用料が無料となる。財源は、初年度は全額国費負担、以降は「国と地方で適切な役割分担をする」と示されている。市保育課は「時代の流れを問わず、子育て環境の改善は必然。具体的な政府の指示に備えながら、制度移行を見据えた対策も同時に進めていきたい」と話した。

とうま明男

確かな知識と経験で!!政治活動の集大成への決意。

http://akio-toma.net/

所得税・相続税セミナー

4月20日、税理士の伏木栄太郎氏を招いて茅ヶ崎市役所で開催。無料、申込制。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

パワーアップ神奈川!

県市連携で茅ヶ崎の街づくりを推進します

http://www.nagata-teruji.com

神奈川県議会議員 くさか景子

女性が政治を変える!全ての人々を尊重し「ともに生きる社会」を目指します。

http://keikokusaka.fc2rs.com

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク