茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

市立図書館「少年寺山修司とわたし」で講演する画家 中村 慶一さん 赤松町在住 83歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

私と修司と創作と

 ○…過去や私生活に謎の多い作家・寺山修司の幼少期を知る幼なじみ。「彼の知名度には遠く及ばない」と苦笑しつつも「寺山君は文学、私は美術と創作の道に進んだ者同士、通じ合うものがあった」と懐かしむ。

 ○…1936年青森県に生まれた。親代わりに育ててくれた祖父が骨董屋を営んでおり、美術品に親しんで育った。寺山氏とは幼稚園・国民学校を共にし、第二次大戦時の疎開を挟み、中学校で再会。通学路を共に歩み親しんだ間柄で、隣同士に並んだ2年生時の記念写真が寺山修司記念館に展示されている。家の稼ぎ手となるべく青森商業へ進学し、卒業後は日本勧業銀行に入行。都内の支店に転出時、担当していた企画会社に偶然持ち込まれたのが、寺山氏が脚本を務める映画「初恋・地獄篇」の企画だった。一度頓挫しかけたものの融資に漕ぎ着け、映画は無事成功。「不思議な縁だね」と目を細める。

 ○…行員として働く傍ら創作活動に熱を入れ、油彩で青森県展を受賞。個展も多数開いた。版画のほか、油彩、陶芸など作品は多岐にわたる。思い出深いのは東京都美術館・大展覧会で特賞一席に選ばれた「猫の絵」。アメリカから一時帰国した息子が連れ帰った子猫を引き取り、13年間茅ヶ崎で共に暮らした時の思い出がこもっている。一方、24年前に上顎洞癌を発症。153日に及ぶ入院を経て復調し、今は創作のほか、週5日の卓球など忙しくも充実した毎日を送る。74歳で始めた七宝焼きには妻と通い、作品の入賞も果たしている。健康の秘訣は「好きなことに意欲的に取り組む」とにっこり。

 ○…多くの人が手掛ける寺山氏の研究。「没後しばらく経ちました。私が見た“彼”のありのままの思い出を紹介できれば」とほほ笑んだ。

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

市内在住 43歳

10月22日号

高村 えり子さん

9月28日に産後の母親に向けたサイトを開設した「ママほぐ」の代表

高村 えり子さん

市内在住 34歳

10月15日号

三上 勝之さん

筋肉自慢が集う「福島ッスル」で準優勝した

三上 勝之さん

元町在住 30歳

10月8日号

小林 勝さん

20周年を迎えた茅ヶ崎ダンススポーツ連盟会長

小林 勝さん

藤沢市在住 69歳

10月1日号

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook