茅ヶ崎版 掲載号:2019年3月1日号
  • LINE
  • hatena

2019年度予算案 23億留保し「骨格予算」に 道の駅などは精査し計上

政治

 茅ヶ崎市は2019年度当初予算案を、2月25日開会の第1回市議会定例会に提出した。佐藤光市長が昨年11月に就任したばかりのため、当初予算は人件費などの義務的経費を中心とする「骨格予算」として編成。新規事業などの政策的経費については、6月の第2回定例会に「肉付け予算」として計上する。※1万円未満切り捨て

 服部信明前市政がスタートした2003年度以来、16年ぶりの骨格予算となった一般会計は、前年度比33億9000万円減の713億4000万円。前市長のもと、予算編成で準備していた約736億円の当初予算のうち、「道の駅整備事業」や「ホノルルとの交流事業」などの約23億円は留保し、佐藤市長は「中身を精査した上で第2回定例会に補正予算として提案する」とした。保険や水道事業などの特別会計は前年度比2億7349万円増の656億4239万円となった。

 歳入の50・3%を占める市税は、前年から1・3%増加。中でも、景気回復の推計から個人市民税が1億4942万円、固定資産税が2億7167万円の増加を見込む。借金に相当する市債は50億230万円を発行、財政調整基金は7億8000万円を繰り入れる。

公共施設や子育てに重点

 一方の歳出は、2025年度の供用を目指して建て替える市内萩園の「粗大ごみ処理施設整備事業費」に6億6822万円、「本庁舎跡地整備事業費」に4億1627万円といった公共施設整備のほか、待機児童解消に向けた「民間保育所等施設整備事業費」、今年10月からの幼児教育無償化に関連した「幼稚園就園奨励費等補助金」など子育て施策の予算が目立った。

 ほかにも、茅ヶ崎市が来年度に力を入れて実施する事業として、子ども食堂をはじめとした子どもの総合支援、中学校に続いて小学校のエアコン整備、中学校給食の実現に向けた検討などをあげた。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク