茅ヶ崎版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

結成20周年の青湘会を主宰する 鍵主(かぎぬし) 恭夫さん 浜須賀在住 69歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

描かずにいられない衝動

 ○…美術館の依頼でデッサン教室を始めて20年。地域活性の一助にとひた向きに取り組んできた。節目となる4月の記念展を前に「月日が経つのは早いね」と微笑む。

 ○…能登半島の先端、珠洲市出身。創作の楽しさを教えてくれたのは瓦職人の祖父だった。作業の傍で粘土をこね、完成すると窯で焼いてくれた。「これはいい出来だぞって褒めてくれて。過疎化で今は窯は残ってないんだ」とポツリ。そのせいもあってか、“郷愁”がテーマのひとつ。約50年取り組み続ける横浜倉庫の扉をモチーフにしたシリーズは、横浜市に評価され、買い上げられたことも。「変わらずそこにあるもの、人の営み、息遣いを感じるところに惹かれる」と瞳を煌めかせる。

 ○…「創作で一番大切なものは感動」を信条とする。描かずにいられない衝動が人に印象を残す作品を生む。師である中谷龍一氏の勧めもあり、30歳の時に10年勤めた地銀を退職、筆一本で生きていくことを決めた。「滅私奉公する中で、自分が自分で無くなってしまう感じがして。でもいざ辞めると不安でしょうがなかった。若かった」と目を細める。

 ○…浜須賀のアトリエで日々ストイックに創作に打ち込むが、近くに住む孫が遊びに来ると一転、良きおじいちゃんに。「真似をするのが上手いんですよ。おじいちゃん、絵が上手だねなんて言われると形無し」と破顔する。岡本太郎氏由来の「タロウ」の名を持つ黒猫も、創作の良き相棒だ。

 ○…会の高齢化がひとつの課題。とは言うものの「若い方が皆創作一筋で生きていける時代でもないでしょう」と悩ましげ。「絵画に限らず、創作に目を向けられる心の余裕を持てればいいですね。必要なのは心のルネサンス(再生・復活)」と少年のように笑った。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

飯田 舞さん

地元でのホールワンマンライブに挑むシンガーソングライター

飯田 舞さん

市内在住 34歳

6月14日号

松井 久芳さん

9日に「歯と口の健康週間」のイベントを開催する茅ヶ崎歯科医師会会長

松井 久芳さん

松浪在住 65歳

6月7日号

渡辺 功さん

著書『高砂緑地の四季』を発行した

渡辺 功さん

東海岸北在住 82歳

5月31日号

水島 誠司さん

第34代 茅ヶ崎市議会議長に就任した

水島 誠司さん

高田在住 43歳

5月24日号

佐藤 勇さん

茅ヶ崎市立図書館の館長に就任した

佐藤 勇さん

東海岸北在勤 53歳

5月17日号

望月 孝俊さん

茅ヶ崎市立病院の病院長に就任した

望月 孝俊さん

本村在勤 61歳

4月26日号

栗栖 浩之さん

茅ヶ崎商工会議所青年部の会長に就任した

栗栖 浩之さん

本村在住 44歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク