茅ヶ崎版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

永田氏、桝氏、日下氏が当選 県議選・茅ヶ崎市選挙区

政治

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

 県議会議員選挙が7日に投開票され、茅ヶ崎市選挙区(定数3)は自民党公認で新人の永田輝樹氏(55)=松林=と桝晴太郎氏(28)=十間坂=が初当選、無所属の現職・日下景子氏(63)=中海岸=が4選を果たした。

 6人が出馬した茅ヶ崎は、市議からくら替えの永田氏が2万3574票を集めてトップ当選。新人の立憲民主党公認・古川環氏(49)=浜竹=や共産党公認の沼上徳光氏(32)=甘沼=は及ばず、3選を狙った無所属の藤間明男氏=松尾=が議席を失った。

自民が2議席獲得

 県内屈指の激戦区となった県議選茅ヶ崎市選挙区。永田氏と桝氏を擁立した自民党が、これまで佐藤光現茅ヶ崎市長(元県議)だけだった議席を増やし、2議席を獲得した。

 7日午後10時30分頃、市内代官町に構えた永田氏の事務所に、トップ当選が確実な情勢が伝わった。元市議の永田氏は「これまでやってきたことが多くの方に評価された」と話し、「市民の声をしっかりと県政に反映させていく。近隣格差の解消、安全・安心確保のためのインフラ整備なども、パワーアップさせて前に進めていく」と述べた。翌8日に市民文化会館で行われた報告会で、必勝だるまに目入れした。

 選挙戦初陣で、2位当選の知らせに沸いた幸町の桝陣営。28歳の桝氏は「若輩者ですが今後も皆様にご指導いただきたい。次回はトップ当選を」と誓い、秘書として仕えた佐藤市長、河野太郎外務大臣ら駆けつけた支援者に感謝の弁を述べた。

 3番目には無所属の現職・日下氏が入った。共恵の事務所に吉報が届くと、4期目を祝う大きな拍手が沸き起こった。日下氏は支援者一人ひとりと硬い握手を交わし、「今後も女性県議として、子どもたちのために今私にできることを精一杯行いたい」と意気込んだ。

 投票率は38・11%で、過去最低だった前回を1・46ポイント下回った。

県知事選は黒岩氏圧勝

 同日投開票の県知事選は、現職の黒岩祐治氏(64)が225万票を集め、新人の岸牧子氏(62)に大差を付けて3選を果たした。

 選挙戦で黒岩氏は、コミュニティ再生と健康寿命延伸などを訴え、街頭で有権者と一緒に写真を撮ったり、ミニ集会を繰り返したりと親しみやすさをアピール。3期目について「人類が経験したことのない人生100歳時代を明るく迎えたい」と、笑いを中心としたコミュニティづくりに力を尽くす考えを示した。

 統一地方選後半の茅ヶ崎市議会議員選挙は4月14日(日)告示、21日(日)に投開票される。

初当選を果たした永田氏(上)と桝氏(下)
初当選を果たした永田氏(上)と桝氏(下)
支援者と喜ぶ日下氏(中央)
支援者と喜ぶ日下氏(中央)

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

初夏を楽しむ湘南祭

初夏を楽しむ湘南祭 文化

サザンビーチで25・26日

5月17日号

再び奏でられた“小出の宝”

再び奏でられた“小出の宝” 社会

70年前のピアノ復活

5月17日号

RYU AMBE  未来を描く

タウンニュース特別企画

RYU AMBE 未来を描く 文化

ラスカで1日から壁画公開

5月1日号

ハワイの魅力を満喫

アロハマーケット

ハワイの魅力を満喫 文化

茅ヶ崎球場周辺で11・12日

5月1日号

水島誠司氏がトップ当選

市議選

水島誠司氏がトップ当選 政治

元職2人復帰、新人は5人

4月26日号

市内にも電子決済の波

市内にも電子決済の波 経済

セミナー続々、増える導入店

4月26日号

梅田学区が「思いやりスマホ宣言」

梅田学区が「思いやりスマホ宣言」 教育

家族で考えるきっかけに

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク