茅ヶ崎版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

第34代 茅ヶ崎市議会議長に就任した 水島 誠司さん 高田在住 43歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

市民感覚に寄り添う議会を

 ○…市議選で4806票のトップ当選を経ての議長就任。周囲の期待を推進力に変え、「政治は『誰がやっても同じだ』と言われがちだが、現場に足を運び市民感覚に寄り添いながら、バランスのとれた議会運営に取り組む」と力強く語る。7会派と無所属3人の総勢28人の長として議会の舵を握り、「43歳の若さを生かして慣例にとらわれ過ぎず、柔軟に意見を取り入れていきたい」と意気込む。

 ○…寒川町宮山で育ち、旭小、旭が丘中ではバスケットボールに汗を流した。高校受験は、まさかの不合格。「勉強が足りなかった。落ち込んでも仕方ない」と即座に切り替え、料理人だった父の背中を追い、厚木調理師学校の門を叩いた。記憶に残るのは、鍋磨き。鏡のようになるまで磨く工程を普通の生徒の3倍は量をこなした。卒業後、箱根の旅館などで料理人として働く中で、食材の状態把握や衛生面の管理に万全を期すための鍋磨きの重要さが身に沁みた。「あの時の先生が自分を見込んで、磨かせてくれたおかげ。人との出会いには恵まれています」

 ○…茅ヶ崎市内の日本料理屋で腕を振るう合間の散歩中、畑に無造作に捨てられた野菜の山を見つけた。もったいない。学校などの公共の場で生かせば良いじゃないか。地元議員に相談を持ち掛けると、「こういう話はたくさんある。本音と建前を擦り合わせて解決を図るのが政治だ」と説かれ、初めて政治を実感した。2007年に30歳で初当選を果たした。

 ○…ホームパーティーや包丁磨き教室など、議員バッジを付けた今でも要望によって腕を振るう。「料理も鍋磨きも、そして政治も。日頃の積み重ねが結果を出す。困っている市民と同じ目線に立ち、解決を目指す政治家であり続けたい」と、真一文字に口を結んだ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山田 清機さん

ノンフィクション『パラアスリート』を執筆した

山田 清機さん

浜須賀在住 56歳

1月17日号

三田(さんだ) 祥太郎さん

「2020年成人のつどい」実行委員長を務める

三田(さんだ) 祥太郎さん

東海岸南在住 20歳

1月10日号

小林 拓也さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所(JC)2020年度理事長に就任した

小林 拓也さん

元町在住 39歳

1月1日号

伊藤 和明さん

12月23日に創業150周年を迎える、株式会社カギサンの5代目代表取締役社長

伊藤 和明さん

中海岸在住 58歳

12月20日号

城田 圭介さん

茅ヶ崎市美術館で12月14日(土)から個展を開催する

城田 圭介さん

本村在住 43歳

12月13日号

小谷 真波さん

全国高校駅伝(12/22・京都)に出場する

小谷 真波さん スポーツ

松浪在住 18歳

12月6日号

小島 潤一さん

道の駅から発信するオリジナルブランドのシンボルマークをデザインした

小島 潤一さん

横浜市出身 55歳

11月29日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク