茅ヶ崎版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

県内待機児童は750人 3年ぶりに減少

教育

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は6月12日、今年4月1日時点の県内の保育所などの利用待機児童数を発表した。

 県内の待機児童数は750人で、昨年から117人減った。3年ぶりの減少。就学前の児童数と利用申込者の比率を示す利用申込率は38・9%と、統計の始まった2002年以降で最大の数字になった。

 茅ヶ崎市内の待機児童数は5人。最も待機児童数が多いのは藤沢市の164人、次いで鎌倉市の78人、横須賀市の70人、綾瀬市の56人、葉山町の52人。待機児童0人なのは、三浦市、大和市、二宮町など10地域だった。

 希望の保育所などに入れなかった保留児童数は、茅ヶ崎市の184人に対し、横浜市の3231人が最も多く、川崎市が2772人、藤沢市が720人、相模原市が499人、平塚市が222人だった。保留児童も0人なのは、中井町、松田町など7地域だった。

 県は、今年度当初予算における保育所などの整備費補助に19億7907万円を盛り込んだ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook