茅ヶ崎版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

道路標語で全国最優秀賞 赤松町在住の荒木瑛登さん

社会

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
自筆の標語を掲げる荒木さん
自筆の標語を掲げる荒木さん

 赤松町在住の荒木瑛登さん(赤羽根中1年)が小学6年生の時に作った標語『この道は 世界につづく ゆめとびら』が、2019年度「道路ふれあい月間」推進標語の小学生の部・最優秀賞を受賞し、さらに今年度の代表標語に選出された。

 道路の愛護活動や正しい利用の啓発などのため、毎年8月の「道路ふれあい月間」に合わせ、国土交通省が募集する推進標語。今回は全国から4704作品が集まった。

 応募作品は小学生の部、中学生の部、一般の部の3部門に分かれ、川柳作家や交通・環境ジャーナリストらによって選考された。「ゆめとびら」など未来への広がりを感じさせる言葉選びが、新元号の令和にふさわしいと評価を得て最優秀賞に輝いた。野球好きの荒木さんは「ホームランを打った時と同じくらいうれしい」と顔をほころばせた。

「ゆめ」は野球選手

 昨年、荒木さんが小和田小学校在学時に短歌を学ぶ授業の一環で、6年生約120人が道路標語に応募した。荒木さんは「深くは考えないで思いつく通りに言葉を選んだ」と振り返る。父の誠さん(47)は、「難しい言葉を使わなかったことがかえって意味に幅を持たせ、読む人ごとに解釈ができることが良かったのでは」と感想を述べた。

 現在、平塚のリトルリーグで1年生チームの4番を任せられている荒木さん。「夢はプロ野球選手。未来に向かって頑張りたい」と意気込んだ。

 標語は今年度、広報誌などで活用される予定。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook