茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市美術館企画展 音とにおいにふれる道 【3】うつしおみ/香りのパレット

文化

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena
『うつしおみ』で遊ぶMATHRAXの2人
『うつしおみ』で遊ぶMATHRAXの2人

 9月1日(日)まで開催されている茅ヶ崎市美術館「美術館まで(から)つづく道」。同館周辺の道を障害者らとアーティストが歩き、得た経験をもとに作品を作り上げた初の企画展だ。込められた思いを3回にわたって紹介した。

 小倉慶子さん・リルハの盲導犬ペアと歩いたのは『うつしおみ』を手掛けたアートユニットMATHRAX(久世祥三さん・坂本茉里子さん)と、『道の香りパレット』を担当した資生堂・香料開発研究員の稲場香織さん。

 「“2人”は追いつけないほどのスピードでぐんぐんと進んでいった」とフィールドワークを振り返る坂本さん。進むことが楽しくて仕方ないような歩みのテンポに気付きを得て、丸や四角、動物の形を模した木の造形物に手で触れることで、音や光などが出る“実験装置”のような作品を制作した。「気難しいおじさんも、子連れのお母さんも、誰でも素直な気持ちで楽しんでほしい」と久世さんは微笑んだ。

感覚の目覚め

 稲場さんの『道の香りパレット』は一風変わった作品。茅ヶ崎の道で捉えた6つの香りをケースに入れたもので、なんと貸出式。パレットに詰められたにおいをヒントに、美術館を飛び出し、実際の茅ヶ崎の道を歩き、同じ香りを探し出す。

 同館学芸員の藤川悠さんは「展示された全ての作品が伝えようとしている風や音、光などをぜひ体感してほしい。誰もが『感覚特性者』。感覚をフル活用すると、いつもの道も、きっと違う景色が見えてくるはず」と呼びかけた。

パレットで香り探しを楽しむ様子
パレットで香り探しを楽しむ様子

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

いじめ防止基本方針を改定へ

いじめ防止基本方針を改定へ 教育

15年度の重大事案を素案に反映

9月20日号

水を操り 水と生きる

株式会社ダンレイ

水を操り 水と生きる 経済

9月20日号

花と対話し季節学ぶ

花と対話し季節学ぶ 教育

平和学園幼稚園で華道教室

9月20日号

美容通してみんな笑顔に

美容通してみんな笑顔に 社会

22日 バリアフリーフェス

9月20日号

子どもたちを箱根へ招待

子どもたちを箱根へ招待 社会

茅ヶ崎遊技場組合

9月20日号

10回目の「茅ヶ崎ジャンボリー」

9月23日

10回目の「茅ヶ崎ジャンボリー」 文化

里山公園で午前10時から

9月20日号

11月に定期演奏会

明治大学マンドリン倶楽部

11月に定期演奏会 文化

ゲストは北川大介さん

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで支える認知症

イベント

みんなで支える認知症

9月29日 オレンジDay

9月29日~9月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク