茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

茅ヶ崎初の少年少女国連大使 金丸 泰山さん 東海岸南在住 15歳

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

「一人でも世界は変えられる」

 ○…全国から選抜された30人の「少年少女国連大使」の一人として、スイス・ジュネーヴの国連欧州本部やスウェーデン・マルメ市などの先進事例を見学した。経済・社会・環境の視点で国連加盟国が掲げる持続可能性開発目標(SDGs)を気軽に学べるカードゲームでは、「先進国は途上国への迅速な支援、途上国は何が不足しているか情報発信することが大切」と身をもって理解。実地研修では市内に設置されたごみ箱の多さや、再利用を促す工夫に感銘を受けた。

 ○…伊勢原の自修館中等教育学校でのSDGs教育を通して、今年4月から家族ぐるみで海岸清掃を始めた。海岸を2、3Km歩くと数袋分にもなるごみの量に衝撃を受け、「こうしたプラスチックごみが年月をかけマイクロプラスチックとなり、海洋生物に悪影響を与える」と1分間の動画にまとめて応募。茅ヶ崎から初めての選出となった。

 ○…硬式テニス部では部長、生徒会役員選挙では17人の候補者の中から信任を得て高校生4人と中学生2人で構成される生徒会の書記を担う。自他共に認める「非常におおらかな性格」。これに海外で出会った仲間たちとの交流経験を通して、自分の意見を伝える度胸を身につけた。

 ○…気がかりなのは、茅ヶ崎からの大使選出が、自分一人だったこと。「まだまだ国内でのSDGsの理解が進んでいない」と話し、カードを簡易化した「SDGsかるた」の製作や、今年10月のハロウィンイベントではごみでおもちゃを作るワークショップを企画する。「世界中に同じ志をもつ仲間ができたし、研修で学んだ『一人でも世界は変えられる』を胸に、茅ヶ崎をSDGs先進都市にしたい」と、旗振り役を担っていく覚悟をのぞかせた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

片山 誠史さん

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員

片山 誠史さん

元町在住 43歳

9月20日号

柳 賢一さん

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した

柳 賢一さん

赤松町在住 79歳

9月13日号

臼井 恵之輔さん

市内公立小中学校に絵画を寄贈した

臼井 恵之輔さん

下寺尾在住 82歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク