茅ヶ崎版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した 柳 賢一さん 赤松町在住 79歳

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

山に懸けた第二の人生

 ○…100回目の日本一の頂。眼下に広がる雲海と輝く御来光に79歳の体が思わず震えた。近郊の山から登り始めて20年。日本3000m峰、日本百名山、日本百高山を完登し、キリマンジャロやブライトホルンなど世界の名峰にもアタック。今年6月16日には金時山3000回、大山1000回登頂も達成した。「着実に続けてきた努力が実を結んだ」と喜びをにじませる。

 ○…東京に生まれ、5歳の時に父の仕事で茅ヶ崎に越してきた。神奈川工業高校機械科で学ぶと、高島屋に入社。ビルメンテナンスを担当し、横浜高島屋の開業にも携わった。「整備不良でお店が開かないと損失になる」と責任感を持って仕事に臨み、過労から潰瘍で胃を3分の2摘出したことも。ゴルフは平均スコア80の腕前で自宅にはトロフィーが並ぶ。第二の人生はゴルフ三昧と決めていたが、交通事故で指先が不自由に。「ならば」と、20代で登った槍ヶ岳に59歳で再挑戦。「案外いけた」と、ライフワークが決まった。

 ○…年に200回以上登る金時山。5年前の大雪では、山頂で山小屋を営む名物「金時娘」が山小屋に閉じ込められていたのを救出するなどエピソードは事欠かない。100回目の富士山登頂後も「登らないと落ち着かない」と、その足で金時山も縦走した。「山登りは、足腰の健康はもちろん、山仲間とも会えるから心も健康でいられる」

 ○…今後の目標はふたつ。一つは富士山本宮浅間大社にある70歳以上の登頂者が記帳する『富士山高齢登拝者記録』に毎年書き続けることで、ここでも頂を狙う。もう一つは7歳と5歳の孫娘と富士山を登ること。「孫娘と登れるのは10年後だろうから、今から準備しておかないとね」と顔をほころばせた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

相澤 實さん

茅ヶ崎市美術館の「國領經郎展」に 写真家として携わる

相澤 實さん

松浪在住 76歳

7月3日号

五十嵐 好江さん

人権擁護委員として令和2年度神奈川県民功労者表彰を受けた

五十嵐 好江さん

東海岸北在住 77歳

6月26日号

瀬知 容子さん

「コロナ〜ひかりのわ〜」をユーチューブで配信しているシンガー

瀬知 容子さん

柳島在住 39歳

6月19日号

富田 雄也(かつや)さん

環境事業センター所長の

富田 雄也(かつや)さん

松が丘在住 49歳

6月12日号

中沢 明紀さん

4月から茅ヶ崎市保健所の所長を務める

中沢 明紀さん

茅ヶ崎在勤 65歳

6月5日号

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

スケッチエッセイ集『くさぐさの記』を刊行する

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

浜須賀在住 73歳

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク