茅ヶ崎版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員 片山 誠史さん 元町在住 43歳

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

貫くカントリー愛

 ○…きょう43回目の誕生日を迎えた人生で、そばにはいつもテンガロンハットがあった。歌手、父親から継いだ辻堂のライブハウス経営者、音楽イベントのディレクターとして、カントリーミュージックとともに歩を進めている。

 ○…里山公園での音楽イベント「茅ヶ崎ジャンボリー」は、9月23日で10回目。1回から“実行委員兼出演者”として参加し、近年はステージMCも。「大変ですよ」。だが、そう笑う表情に一切の曇りはない。続けてきたことで、「毎回楽しみにしてくれている人もいる。原っぱに寝転がり、のんびり聴いてもらえれば」。

 ○…元町で育ち、近所の相模線の車庫で電車に親しんだ少年時代。プロのベーシストとしてカントリーを演奏する父親の影響で、アメリカ発祥の音楽に馴染み、その父が営むライブハウスで歌うように。そして、茅ケ崎西浜高校2年の1993年、世間のスポットライトを一気に浴びた。ムッシュかまやつ氏プロデュース、吉田拓郎氏らが楽曲提供し、ホリプロ所属でデビュー。「ホリプロの企画でカントリーを歌う若い人を探していて、全然いなかったみたいで」。メディアにも取り上げられ周囲は大騒ぎになったが、「自分の歌に自信がなくてすごく嫌だった」と吐露する。

 ○…その後は思うように売れず、23歳でテンガロンハットを一旦置いた。食品会社に就職したが、仲間の支えもあって3年で音楽業界へ復帰した。少年時代からの鉄道愛も変わらず、全国各地のJR線を乗り継ぎ、4年前に全区間制覇。延伸すると再び訪れ、今年は150m伸びた横浜の金沢八景駅にも足を運び、達成率100%をキープ。私鉄は98%とあと一歩だ。

 ○…デビューから25年、心境は変わった。「今は歌うことを楽しめています」
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山田 清機さん

ノンフィクション『パラアスリート』を執筆した

山田 清機さん

浜須賀在住 56歳

1月17日号

三田(さんだ) 祥太郎さん

「2020年成人のつどい」実行委員長を務める

三田(さんだ) 祥太郎さん

東海岸南在住 20歳

1月10日号

小林 拓也さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所(JC)2020年度理事長に就任した

小林 拓也さん

元町在住 39歳

1月1日号

伊藤 和明さん

12月23日に創業150周年を迎える、株式会社カギサンの5代目代表取締役社長

伊藤 和明さん

中海岸在住 58歳

12月20日号

城田 圭介さん

茅ヶ崎市美術館で12月14日(土)から個展を開催する

城田 圭介さん

本村在住 43歳

12月13日号

小谷 真波さん

全国高校駅伝(12/22・京都)に出場する

小谷 真波さん スポーツ

松浪在住 18歳

12月6日号

小島 潤一さん

道の駅から発信するオリジナルブランドのシンボルマークをデザインした

小島 潤一さん

横浜市出身 55歳

11月29日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク