茅ヶ崎版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

全国高校駅伝(12/22・京都)に出場する 小谷 真波さん 松浪在住 18歳

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena

謙虚さが開いた扉

 ○…10月下旬、右手首に巻くミサンガが切れた。「これで全国に行けるんだろうな」。1週間後の全国高校駅伝(都大路)・県予選では、エースが集う1区で区間賞を獲得。白鵬女子高を3年連続の全国へと導いた。

 ○…今や神奈川の高校長距離界で1、2を争う存在にまで成長したが、中学時代は無名だった。4歳上の姉の影響で入った松浪中陸上部では、県大会に行くのがやっと。その県大会で決勝には進めなかったが、予選の走りが白鵬女・佐野純顧問の目に留まった。県内屈指の強豪から声が掛かり、「不思議でした」と今でも首をかしげる。それでも、「高校で続けるなら全国で勝負したい。白鵬で強くなる」。

 ○…しかし中学3年の2月、体が悲鳴をあげた。腰痛が悪化し、医師には「一生走れなくなるかもしれない」とまで言われた。疲労骨折。高校進学後は、専門医のいる病院へ通い、部活では一切走らずリハビリを続けた。「みんなが走るのを見て、つらくて辞めたいとも思った。でも諦めることは嫌だった」。強い思いはランナーを再びグラウンドへと戻した。レースでもコルセットは欠かせないが、3年になると3000mで県を制し、インターハイ決勝まで登りつめた。ただ、「自分を評価することは全くない。まだまだ」。

 ○…部活を終え帰宅すると、「嵐」が出演するテレビ番組を満喫する。勉学での得意種目は「漢字」。負けず嫌いの性格はここでも発揮され、「満点を獲りたい」と実行に移す。憧れの選手には「高橋尚子」を挙げ、「金メダルを獲ったのにいつも謙虚だなぁ」と。

 ○…都大路は全国のエースが揃う1区が濃厚。「チームを勢いづける走りがしたい」。謙虚に、そして強い気持ちで新たな扉を開く。
 

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

http://www.heiwadou/cpm

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

上岡 敏之さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の4代目音楽監督

上岡 敏之さん

浜見平出身 59歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

平塚市在勤 52歳

2月21日号

宮城島 宏さん

嚥下食メニューコンテストで最優秀賞を獲得した

宮城島 宏さん

松林在勤 40歳

2月14日号

越地 清美さん

ちがぼ〜(茅ヶ崎に冒険遊び場をつくろう会)2代目代表

越地 清美さん

東海岸北在住

2月7日号

阿部 富美さん

タウンニュース茅ヶ崎版で『おやさい食べよ!』を連載する料理研究家

阿部 富美さん

高田在住 54歳

1月31日号

石田 秀樹さん

茅ヶ崎100人カイギの実行委員長を務める

石田 秀樹さん

浜之郷在住 55歳

1月24日号

山田 清機さん

ノンフィクション『パラアスリート』を執筆した

山田 清機さん

浜須賀在住 56歳

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク