茅ヶ崎版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

中学校給食 「デリバリー方式」の方針 説明会とパブコメ実施

教育

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市教育委員会は12月12日の市議会全員協議会で、市内中学校給食の実施方式を民間委託と家庭弁当を併用する「選択制デリバリー方式」とする方向性を示した。2020年1月から2月にかけて市民説明会とパブリックコメントを実施し、3月末までに取りまとめる。

 中学校給食を巡っては、市は昨年2月に市教委や学校関係者で構成される検討委員会を庁内で設置、実施手法を検討してきた。また、今年6月に市内公立小中学校に向けて行ったアンケートでは小学生は弁当を、中学生は給食を望む傾向にある一方で、保護者は約9割が給食を期待していることが分かった。

 このデリバリー方式は、民間事業者の調理施設で調理した給食を各校に配送するシステム。市内公立13中学校への給食提供を一斉に開始しやすいことや、他の方式と比べて市の財政負担が少ないことが主な理由だ。

 家庭弁当と併用するのは、アレルギー等がある生徒への配慮の必要や、昼食量に個人差が大きいこと、同アンケート結果で児童生徒から家庭弁当を望む声があったことが挙げられた。

 総事業費は全員民間給食の場合は154億円〜166億円。6割が利用する場合は115億9千万円と概算する。市は委託料の一部として初期整備費と維持管理運営費を間接的に負担する。給食開始時期について市担当者は、「事業者提案によるが、市の次期総合計画に策定後、概ね4年後」とする。

 今後に向けて市教委は、1月16日から各地で市民説明会を実施。パブコメは1月15日から2月13日まで。それらを取りまとめて3月末までに「中学校給食の実施方式のあり方」を公表し、20年度以降に市次期総合計画への事業の位置付けを検討開始する見通し。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

風水害対策を強化へ

茅ヶ崎市

風水害対策を強化へ 政治

台風19号踏まえ指針示す

2月21日号

道の駅発ブランド20品認定

道の駅発ブランド20品認定 社会

食や体験など投票で決定

2月21日号

三鈴&文教大の大福が選出

県なでしこブランド

三鈴&文教大の大福が選出 社会

主役は「湘南ポモロン」

2月14日号

「湘南助産師会」4月設立へ

「湘南助産師会」4月設立へ 文化

産後ケアの充実目指す

2月14日号

松田さん、野中さんが県表彰

松田さん、野中さんが県表彰 社会

優良衛生技能者として

2月7日号

浜降祭6月、湘南祭は10月予定

浜降祭6月、湘南祭は10月予定 文化

主要イベントの日程決まる

2月7日号

「社長、この提案いかが」

「社長、この提案いかが」 経済

文教大と(株)魚卓がコラボ

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク