茅ヶ崎版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

「松林」が男女揃って10連覇 高南駅伝・地区対抗で金字塔

スポーツ

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
10連覇を喜ぶ松林Aのメンバー
10連覇を喜ぶ松林Aのメンバー

 1939(昭和14)年に始まった「高南一周駅伝競走大会」で、松林地区が前人未到の10連覇を男女揃って達成した。

 昨年から柳島スポーツ公園周辺にコースが変わった高南駅伝は、今年で82回目。地区対抗の1部、実業団・高校対抗の2部、小学生の部に合わせて98チームがエントリーし、成人の日の1月13日に健脚を競った。

 各区間2・7Km〜4Kmほどを5人でつなぐ大会で、地区対抗は男女とも「松林A」が9連覇中。10連覇がかかった今年は、苦戦を強いられた。男子は3区終了時点で4位と先頭から34秒差をつけられたが、4区・九島虹宇(こう)さん(17)が先頭と2秒差まで詰め、5区・徳永拓海さん(18)が並走する「鶴嶺A」を残り100mから突き放してトップでゴールに飛び込んだ。アンカー対決を制した徳永さんは、「プレッシャーもあったけれど、勝ててほっとした」と胸をなでおろした。

 一方の地区対抗の部・女子も、連勝中の「松林A」はアンカーに襷が渡った時点で4位。高校の部活を先月に引退し、「本気で走るのは今大会が最後」と臨んだ鈴木彩也香さん(18)が1分2秒差のトップを猛追。前の3チームすべてを抜き去り、笑顔でフィニッシュテープを切った。

走って深める絆

 「絆が強い」と鈴木さんが評する「松林」は、松林中学校陸上部の現役・OBを中心にメンバー構成。監督歴31年の白井一三さん(70)は「松林中を中心に地域で走る人が増えている。高南駅伝は同窓会のような感じでいい雰囲気で臨めている」と言い、「これからも走ることで地域の絆が深まればいい」と話した。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

J3ブラウブリッツ秋田へ

茅ヶ崎出身の鎌田翔雅選手

J3ブラウブリッツ秋田へ スポーツ

2月21日号

映像部門で最優秀賞に

県広報コンクール

映像部門で最優秀賞に 文化

「茅ヶ崎館」女将に焦点あて

2月21日号

松籟庵に春の気配

松籟庵に春の気配 社会

梅の開花、今年は早め

2月21日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月21日号

友好深めたロータリアン

友好深めたロータリアン 社会

6クラブが一堂に

2月21日号

市の名産品展示しよう

出展者募集

市の名産品展示しよう 社会

2月21日号

織り姫募集スタート

七夕まつり実行委

織り姫募集スタート 文化

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク