茅ヶ崎版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

特大の地球儀に「感謝」託し 「視野広げ、世界へ羽ばたいて」

教育

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
「背よりも大きいよ」と地球儀に喜ぶ子どもらと和田理事長・靖子夫人
「背よりも大きいよ」と地球儀に喜ぶ子どもらと和田理事長・靖子夫人

 4年前から2期にわたって建て替えが進められていた市内堤の児童養護施設「子どもの園」(社会福祉法人福光会・和田直熙理事長)の再建工事がこのほど完了した。園庭には引き渡しに合わせて特大の地球儀が設置され、新たなシンボルとして子どもたちに親しまれている。

 キリスト教の精神のもと、戦災孤児の保護施設として1945年、横浜・桜木町のテントから生まれた同園。79年に建て替えのために茅ヶ崎へ移転し、現在はさまざまな事情により、家庭での生活が難しい約30人の4歳〜18歳が縦割りで起居をともにしている。この春には高校卒業と同時に5人が巣立った。和田理事長は「人は1対1では育たない。人は人の中で心を寄せ合いながら生活し、自然に包まれて暮らすことでよりよく生きることができる」と語る。

支えてくれた世界中の人々へ

 設置された地球儀は「今まで『横浜国際婦人会』を通じて寄付や支援をしてくれた世界中のあらゆる人に感謝を伝えたい」と特注で制作。また、「子どもたちが広い世界を知り、視野を広げることで自分自身を知るきっかけにしてほしい」という思いが込められている。小さな子も扱えるよう、球体のサイズは直径1m。単なるモニュメントではなく、東西南北に自在に動き、一般的な地球儀では見にくい南極まで見ることができる。また、回転しすぎないように適度なテンションを掛けるなど、細部まで趣向を凝らした。

 さらに講堂には寄付で制作されたステンドグラスも新設。ガラスアートで著名な三浦啓子さんが手掛けたキリストが静かに生活を見守っている。園では「芝生や1本の植木が成長して色づくように園がどんな色に染まっていくのか楽しみ」と話している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

聖火がつないだ不思議な縁

聖火がつないだ不思議な縁 社会

小学生の自由研究がきっかけ

10月15日号

海洋プラで万華鏡作り

海洋プラで万華鏡作り 教育

10月24日 うみかぜテラス

10月15日号

夜のゴルフ場 特別な体験

夜のゴルフ場 特別な体験 スポーツ

GDOが地域向け企画

10月15日号

ほのぼのイラスト展開催

ほのぼのイラスト展開催 社会

10月28日から

10月15日号

「#ちがすき」中間報告で1位

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」中間報告で1位 社会

読者投票は10月26日まで

10月15日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来シーズンのプログラムを発表

10月15日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

割烹竹万

新型コロナワクチン2回接種で10%割引も!

http://takeman.co.jp/newinfo/covitvaccine.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook