茅ヶ崎版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

中学校給食 パブコメ反映し素案修正 専任栄養士の配置など追加

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市教育委員会は6月22日の市議会全員協議会で、今年1月から2月に実施した「中学校給食の実施方式のあり方(素案)」のパブリックコメントの結果を報告。これを踏まえ、素案から修正した「実施方式のあり方」を指し示した。

保護者世代の声目立つ

 約1カ月間実施されたパブリックコメントには、138人・164件の意見が提出。年齢別では、30・40代の保護者世代から最も多く寄せられた(不明者除く)。

 内容別には、市の方針とする「選択制デリバリー方式」への賛否が最も多く、次いで早期実現を求める意見、小学校と同様に温かい出来たてを提供する「自校方式」への声、栄養バランスや衛生面、食材の安全性を求める「食育、食の安全性などの考え方」などへの意見が目立った。

 選択制デリバリー方式に関して、36件のうち約20件が「弁当持参も選択できて良い」「アレルギーや食中毒の観点で見ると妥当」との肯定的な意見で、残りは「異物混入のリスクが高い」「民間委託は不安」などの反対意見、「量の問題や食事の時間も考慮してほしい」などの要望や中立意見だった。

 これらのパブコメの結果を踏まえ、実施方式のあり方には「選択制デリバリー方式」を基本としつつ、民間事業者に給食事業をすべて委任するのではなく、市の専任の栄養士等を配置し、食育・安全・衛生の視点を踏まえた「学校給食法」に基づいた給食の実現を前提とする内容などを盛り込んだ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

フラ通し地域貢献

ホノルルウィーク

フラ通し地域貢献 文化

明治安田生命で教室

10月23日号

海と人想うマーケット

畑一面、ピンク色に

畑一面、ピンク色に 社会

藍の花が見ごろ

10月23日号

1万のろうそく夜彩る

湘南Candle

1万のろうそく夜彩る 社会

11月8日まで

10月23日号

市内から仏像3点

市内から仏像3点 文化

県立博物館で展示

10月23日号

若年世代からのお金の運用学ぶ

オンライン講座

若年世代からのお金の運用学ぶ 社会

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク