茅ヶ崎版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

子ども食堂 コロナ禍でニーズ増 知恵出し合い運営継続

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
「いただきます」ではキッチンカーが登場(本村)
「いただきます」ではキッチンカーが登場(本村)

 食事を無料や低価格で提供し、子どもから高齢者まで、幅広い年代の居場所やつながりの場の役割を担っている「子ども食堂」。市内では3団体が同食堂をボランティアで運営しており、昨今のコロナ禍のなかでも知恵を出し合いながら活動を続けている。

キッチンカーで提供

 本村の子ども食堂「いただきます」では、初の試みとして6月の開催日にキッチンカーを手配した。18日に登場した鶏専門の「ROITON」は、代表の門脇匡志さん(42)が「コロナの影響を受けた方のために自分も何かしたい」と市に相談。同食堂へとつながり、参加が実現した。

 当日は、揚げたてのチキンカツ弁当90食を用意。「美味しそう!」と目を輝かせる子どもを前に、門脇さんもうれしそうに笑顔をみせた。

 次回は7月2日(木)・16日(木)午後5時から7時。大人300円・子ども(3歳以上)100円※提供方法は未定。場所は「茅ヶ崎教会」。(問)早川さん【携帯電話】080・5536・8096

3分の1は新顔

 幸町の子ども食堂「おいしいね」は、普段は室内で利用者が食卓を囲んでいたが、3月以降は提供方法をテイクアウトに切り替え、6月は18日に90食分の弁当を用意し完売した。

 18日に弁当を予約した人のうち、3分の1は初めての利用者だったといい、「家事の負担が減って助かる」という声が聞かれた。ひとり親も多く、弁当を予約した40代女性は、「コロナで仕事も減り、子ども3人分の食事が無料なのは本当に助かる」と語った。18日は弁当に加え、マスクやレトルト食品、お菓子なども利用者に配られた。

 次回は7月16日(木)午後5時から7時。大人300円、子ども(18歳以下)無料※今後もテイクアウトの可能性あり。場所は「LAST50CENT」。(問)【メール】saiwaikodomo@gmail.com

「早く本来の姿で」

 鶴が台の「みんなの居場所」では4月・5月を休止し、6月に弁当の配布を3回行った。予約制で各日60食を用意し、すべて完売した。普段は130人を超える利用者でにぎわう同所。運営者は、「早く本来の姿で再開できることを願っている」と話した。次回は未定。(問)小磯さん【携帯電話】090・3427・6290

▲「おいしいね」のスタッフ(幸町)
▲「おいしいね」のスタッフ(幸町)
カレー弁当を配布(鶴が台)▶︎
カレー弁当を配布(鶴が台)▶︎

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

まちなかに「本棚」を

まちなかに「本棚」を 文化

市内有志が新プロジェクト

10月22日号

発足の地からトップリーグへ

発足の地からトップリーグへ スポーツ

女子フットサルチームが本拠移転

10月22日号

河野氏に2氏挑む構図か

河野氏に2氏挑む構図か 政治

衆院選神奈川15区情勢

10月15日号

キャッシュレス導入へ

えぼし号

キャッシュレス導入へ 社会

年度内に整備

10月15日号

香西選手に単独インタビュー

東京パラ車いすバスケ

香西選手に単独インタビュー スポーツ

茅ヶ崎出身の銀メダリスト

10月8日号

集団接種 大幅縮小へ

新型コロナワクチン

集団接種 大幅縮小へ 社会

11月以降、月1回程度に

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook