茅ヶ崎版 掲載号:2020年8月14日号 エリアトップへ

幸町でユニークなこども食堂「喫茶 零(ゼロ)」を企画・運営する 桑原 将志さん 湘南台在住 21歳

掲載号:2020年8月14日号

  • LINE
  • hatena

「0」からでも成せる

 ○…不登校や母子家庭で育った経験を通じて、食・経験・居場所を提供するユニークなこども食堂を手掛ける。「自分の経験や考えを発信することで同じ境遇だったり、今悩んでいる人の助けになりたい。昔の僕も今の僕がいてくれたら、救われていたと思うから」

 ○…福岡出身。小学1年の時に両親が離婚し、母子寮へ。いじめや惨めな思いもあったが、隠れて泣くような負けん気の強い子どもだった。高校2年の時、母親の再婚を機に不登校に。週7日、生活費や学費を稼ぎながら、通信制で学業に励んだ。教師を志し、文教大学へ進学するも、日本の教育に疑問を抱き、中退。「暗記の詰め込み授業だったり、個性をつぶして、みんな同じ方向に向かせる教育では本当に教えたいことを教えられないと思った」

 ○…フリースクールのような場を作ろうと一念発起。しかし、活動拠点や資金、社会の理不尽なルールという壁にぶつかった。「子どもたちとつながりたいのにつながれない。だったら、いる所に行けばいい」。茅ヶ崎の海でおにぎりを無料で配り、対話し続けた。「世の中には理解してくれる人や面白いこと、選択肢が山程あるって伝えたい」と目を輝かせる。

 ○…1月、ヒッチハイクとカンパだけで沖縄から「0円旅」を成し遂げた。幼少期から常に目前にあったのは「自由と金」「生と死」という命題だ。「与えられたものが無かったから、0から何かを生むしかないし、生きるか死ぬかだから、自分で考えて動くしかない。どんな状況でも自分はやれることを確かめたかったのかも」と笑う。「経験や出会いという貯金を貯めて、次は子どもたちに体験することの喜びを伝えていければ」。自身の夢を叶えながら、子どもらに寄り添う。

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

市内在住 43歳

10月22日号

高村 えり子さん

9月28日に産後の母親に向けたサイトを開設した「ママほぐ」の代表

高村 えり子さん

市内在住 34歳

10月15日号

三上 勝之さん

筋肉自慢が集う「福島ッスル」で準優勝した

三上 勝之さん

元町在住 30歳

10月8日号

小林 勝さん

20周年を迎えた茅ヶ崎ダンススポーツ連盟会長

小林 勝さん

藤沢市在住 69歳

10月1日号

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook