茅ヶ崎版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

新聞紙を使った作品づくりに励む 小澤 榮一さん 香川在住 68歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

「新聞は生活必需品」

 ○…「はじめまして」と差し出す名刺も、新聞紙で作った。新聞を名刺サイズに切り、2枚をのりで貼り合わせて強度を保つ。表面には広告の無地部分を選び、そこに名前や電話番号、メールアドレスなどを記載したスタンプを押せば、自身を存分に紹介する特製名刺となる。ほかにも、バッグやごみ箱、帽子など新聞紙とのりでバラエティに富んだ作品を生む。

 ○…元朝日新聞社社員。1970年に入社し、技術開発本部へ。コンピューターを通じて紙面を製作する現在の礎を築き、1980年に社内の紙面づくりの全面コンピューター化を実現させた。時代の変化に立ち会い、「あの頃はおもしろかったなぁ」と懐古する。その後も、新聞づくりのシステム整備や品質向上に奔走した。

 ○…市内赤羽根に生まれ、子どもの頃からものづくりが好きだった。小学校高学年の時には、自宅にあったテレビのダイヤル式チャンネルが壊れたため、木片で作った取っ手を付けて再びチャンネルが回るように。母親が喜んでくれたことを今でも覚えている。新聞紙によるものづくりに目覚めたのは、単身赴任した52歳。笑って振り返る。「新居にごみ箱を用意していなくて、100円で買うよりも作れば安いと思ったんです」。身近な新聞に手を伸ばし、何枚も貼り合わせて強度を高め、処女作が完成した。「同僚たちの感想は『汚い』でしたけど」。

 ○…新聞アートにのめりこみ、2017年には「しまんと新聞ばっぐコンクール」の大賞受賞。新聞とはこれからも長い付き合いになる。「生活必需品です。ニュースが編集されて届き、そこにある事実は生きるための判断基準になる」。さらにこう続ける。「私にとっては安定した素材にもなる」と。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

小澤 榮一さん

新聞紙を使った作品づくりに励む

小澤 榮一さん

香川在住 68歳

10月16日号

祐川 友(すけかわ ゆう)さん

スマートブルー茅ヶ崎農場を管理する

祐川 友(すけかわ ゆう)さん

座間市在住 20歳

10月9日号

坂本 仁義(ひろよし)さん

第48代茅ケ崎警察署の署長に、9月3日付けで着任した

坂本 仁義(ひろよし)さん

十間坂在住 58歳

10月2日号

相澤 幸太郎さん

ビーチテニスの新プロジェクトを立ち上げた

相澤 幸太郎さん

緑が浜在住 40歳

9月25日号

門脇 匡志さん

団体「REALこども支援」代表

門脇 匡志さん

平和町在住 43歳

9月18日号

小桜 舞子さん

デビュー20周年を迎えた演歌歌手

小桜 舞子さん

茅ヶ崎市内在住 42歳

9月11日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク