茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

市消防団長に市川隆雄さん 7年ぶりにトップ交代

社会

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
安心安全への決意を語る市川さん
安心安全への決意を語る市川さん

 茅ヶ崎市消防団の団長が7年ぶりに交代となり、団長辞令交付式が4月1日に市役所本庁舎で実施された。団長となった市川隆雄さん(66・芹沢在住)は、規律を第一に団員をまとめていく。

自然災害の備えに重点

 消防団とは、日ごろ本業や学業に専念している団員からなり、火災や災害発生時に自宅や職場から現場に駆け付ける。普段は各種訓練のほか、防火防災などの広報活動をしている。

 新団長となった市川さんの念頭にあるのは自然災害への備えだ。「直近でも揺れを感じることが多く、改めてその重要性を感じている」と話す。全国的に「想定外の規模」の風水害が多発していることも踏まえ、消防署との連携をこれまで以上に深めていく考えだ。

課題は充足率

 茅ヶ崎市消防団は定員427人だが、4月1日現在の団員数は400人。充足率向上が課題となるなか、改めて重視するのは規律だ。「かつては”消防団はお酒飲みばかり”というイメージが確かにあったが、今はまったく異なっている。これまで同様、規律を第一に、あこがれをもっていただく組織になっていければ」と話す。また茅ヶ崎には、女性のみで構成される県内でも珍しい分団があり、活躍の幅を広げている。「昨年度は初となる高校生団員も加入した。引き続き、この地域ならではの特色も打ち出していきたい」

 市川さんは芹沢地区の第18分団に1987年に入団。96年に一度退団し2010年に再入団。10年度から20年度まで副団長。かつて会社勤めをしていたが、父の病気を機に50歳手前で農業へ転身。現在は野菜のほか、ブドウや梨などの果実を生産している。「普段から自然が相手なので、その怖さは身をもって感じており、消防団活動にもつながっています」。息抜きは愛犬の散歩。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

山田耕筰の功績伝える

10人限定の落語独演会

10人限定の落語独演会 文化

ハスキーズギャラリーで

4月30日号

頑張る女子をメイクで応援

ベースビューティーラウンジ

頑張る女子をメイクで応援 社会

4月30日号

20回目記念し水墨画展

20回目記念し水墨画展 文化

岩瀬玉泉さんが平塚で

4月30日号

フラワーマルシェ

フラワーマルシェ 経済

5月6日 市役所前広場で

4月30日号

小出小児童のポスター展示

旧和田家テーマ

小出小児童のポスター展示 教育

市役所で7日〜

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter