茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

海中ふわり花のよう 「ナデシコクラゲ」国内初展示

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
唇が花のように見える「ナデシコクラゲ」(新江ノ島水族館提供)
唇が花のように見える「ナデシコクラゲ」(新江ノ島水族館提供)

 新江ノ島水族館で6日から深海に生息する「ナデシコクラゲ」の展示が始まった。北里大学海洋生命科学部=相模原市=の研究グループが採取したもので、国内展示は初という。

 展示しているクラゲは傘の大きさが1・5〜2cmほど。ピンク色がかった体が特徴で、学名は「イアレリア・パープレア」。唇部分がナデシコの花のように見えることからナデシコクラゲ(仮称)と命名した。現在5個体を展示している。

 同館によると、発見したのは同大三宅裕志准教授らの研究グループ。2012年3月に東日本大震災で被災した岩手県山田町沖で、海洋ごみが生態系に与える影響を調査したところ、水深1127mに沈んだ空き缶を発見。付着していたクラゲの赤ちゃん「ポリプ」をプランクトンを与えて育てたところ、クラゲに成長し、遺伝子解析で日本では発見されていないナデシコクラゲであることが分かった。

 三宅准教授はナデシコクラゲの研究について「ごみが深海の生態系に影響を与えていることが分かった。また飼育が難しいクラゲの生活環境が分かり、一般にも見てもらえる。”一石三鳥”の価値がある」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

南極から環境考える

南極から環境考える 社会

大学教授による講座

8月19日号

自由研究のヒント紹介

記念碑設置へ向け写真展

記念碑設置へ向け写真展 社会

20日から支援も募集

8月19日号

中村咲良さん 決勝に

高校総体 陸上

中村咲良さん 決勝に スポーツ

北陽中出身 走幅跳に出場

8月19日号

野口さん宇宙の食語る

野口さん宇宙の食語る 経済

カップヌードル博物館で

8月12日号

「新型コロナかな」と思ったら

「新型コロナかな」と思ったら

抗原検査キットでセルフテストを

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook