茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

県内65クラブの国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した 田島 透さん 藤沢市在住 66歳

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

止まった時間を動かしたい

 ○…国際的な奉仕団体ロータリークラブ(RC)の横浜、川崎を除く県内65クラブの舵取りを任された。「なりたいと思ってなれるものではない。皆さんのご推薦あってのことです」とこの大役を受け止める。ここ1年余りはコロナ禍で活動が制限され、悔しい思いを抱えてきた。未だ収束は見えてないが、行動を決意する。「外に出て奉仕を、行動で止まった時間を動かしたい」

 ○…今年度の方針の1つに「ポリオ撲滅」がある。ポリオウイルスは治療法のない小児まひを引き起こす。それが日本でなくなったように、RC全体の活動で全世界で99・9%排除された。完遂すれば感染症根絶の人類史上2例目の快挙。「秋にキャンペーンを予定。活動の啓発、根絶に向けた募金を訴えていく」と力を込める。

 ○…本業はセメントや建材を扱う(株)藤和建商の社長。両親とも経営者だったが、研究肌とみていたため跡継ぎは「向いていないと言われた」と笑う。事実、大学卒業後は別会社に就職した。転機は35歳。父が他界し、家業の経営を一手に引き受ける母を思い、跡を継ぐことを決意した。務めてみれば人と人の出会いに刺激が得られるやりがいを見出した。大切にしているのは「信頼と責任」。シンプルだからこその真理を信条とする。

 ○…心強い仲間と、自らをも豊かにしてくれる奉仕の心を教えてくれたRCの魅力を伝え、活動を拡大するための会員増強も重要課題。そのためには市民周知が必要。「インパクト、影響力のある活動を進めたい」と話す。人生訓はサムエル・ウルマンの「青春」という詩。「人は年齢ではなく、情熱を失うことで老いる。情熱を失っちゃいけないですね」と穏やかながら熱のある口調で語った。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook