茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

聖火で伝えるスポーツの力 藤崎さんが小和田小訪問

スポーツ

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
最後に訪れた教室では「藤崎さんありがとう」のメッセージも
最後に訪れた教室では「藤崎さんありがとう」のメッセージも

 市内菱沼在住で、東京五輪の聖火ランナーを務めた藤崎直哉さん(37)が7月15日、市立小和田小学校を訪れ、子どもたちにトーチを「お披露目」した。

 藤崎さんが現在、同校の近くに住んでいることから「子どもたちにスポーツや五輪の意義について伝えたい」と実現したもの。藤崎さんは午後の授業時間を利用して1〜6年生の教室を回り、児童にはトーチに触ってもらうなどした。

 最後に訪れた教室の黒板には「藤崎さんありがとう」のメッセージが掲出されるサプライズも。6年生の立澤錬君は「トーチは思っていた以上にきれいで、大きく重かった。自分もバスケットボールをやっていて渡邉雄太選手のファンなのでテレビで応援したい」と話した。

デュアスロンで活躍

 藤崎さんはランニングと自転車ロードレースを組み合わせた「デュアスロン」の選手として活躍し、日本代表として世界選手権に4回出場した。

 デュアスロンは五輪競技ではないため出場は叶わないが「アスリートとして自国の五輪に何かのかたちで関わり、長くサポートしてくれた地域の皆さんに恩返ししたい」と、聖火ランナーに応募した。

 しかしコロナ禍を受けて五輪は1年延期に。今年6月28日に予定されていた聖火リレーも直前で公道走行の中止が決まり、藤沢市辻堂神台公園でのセレモニーと「トーチキス」だけになってしまった。

 「がっかりした気持ちもあった」というが、会場では他のランナーと話をする時間があった。

 特に聖火を受け取った平昌五輪のショートトラック日本代表の齊藤仁美さんとは「共感する部分も多く、大きな刺激を受けた」という。

 「実は30代後半を迎え、競技の第一線から退くことも考えていた」と藤崎さん。しかしこの日の子どもたちの笑顔や励ましに「大きな力をもらった」という。

 「スポーツには言葉には出来ない何かを伝え、人の気持ちを変える力がある。今日の経験が、子どもたちにその何かを残すことになればうれしい」と話していた。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸 上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook