茅ヶ崎版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

全国中学柔道大会 一中生が男女で優勝 ともに最重量級制す

スポーツ

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
佐藤市長を表敬した小出さん、平野さん
佐藤市長を表敬した小出さん、平野さん

 第52回全国中学校柔道大会が8月22日から25日まで群馬県前橋市のALSOKぐんまアリーナで開催され、茅ヶ崎市立第一中学校3年生の平野匠啓さんが男子90kg超級で、小出穂香さんが女子70kg超級でそれぞれ優勝した。同じ中学校、同じ柔道場で研鑽を積む2人が、世代の最重量級を制するという快挙を成し遂げた。

「力出し切れた」平野匠啓さん

 8月初旬の関東中学校柔道大会も制し「優勝を意識して臨んだ」という平野さん。最大の山場は準決勝の井出英閏さん(愛知・大成中)との一戦だった。

 互いに攻め手を欠くなか、先に2つ目の「指導」が与えられる苦しい展開。しかしそこで「スイッチが入った」と攻めに転じると、圧力に屈した相手の反則負けで決勝に進出した。

 決勝では瀬川賢豪さん(奈良・天理中)と対戦。相手が得意の内股を警戒するなか「狙っていた」という裏投げを決め、全試合1本勝ちでの優勝を決めた。

 兄と姉の影響から元世界王者で五輪メダリストの小川直也さんが運営する「小川道場」(東海岸北)に5歳から通い始めた平野さん。「練習すればするほど、強くなれる」と、すぐに柔道にのめりこんだ。

 将来の目標は「小川先生のような世界で戦える柔道家」と力強い。「そのためには心技体全てが足りない。高校に進学しても、もっともっと努力していきたい」

「恩返しできた」小出穂香さん

 平野さん同様、関東大会で優勝し周囲からもマークされるなか、順調に勝ち進んだ小出さん。

 苦しかったのは山口千弘さん(福岡・敬愛中)と対戦した準決勝。相手が技を警戒するなか終了間際に支え釣り込み腰で技ありを奪い、そのまま優勢勝ち。高橋梨子さん(栃木・豊郷中)との決勝でも合わせ技一本で堂々の優勝を決めた。

 「両親や先生方など、いつも支えてくれる人に恩返しできたと思う」と笑顔を見せる。

 「もともとは剣道をやっていたけれど、投げる姿が楽しそうだった」と、小川道場に通うようになったのは小学5年の時。「トップ選手を目指すには決して早くない」が、周囲が「これと決めたら一つのことに没頭するタイプ」と評するように、ひたむきに練習に取り組むことで才能が開花した。

 高校に進学しても柔道を続ける予定で「個人戦だけでなく、団体戦でも活躍できる選手になりたい」と話した。

市長に優勝報告

 9月8日には市役所を訪れて佐藤光市長に優勝を報告した2人。

 同行した小川さんは「コロナ禍で春の新人戦もなくなり、大会中も消毒のために試合間隔がいつも以上に長いなど、難しい大会だったと思うが、よく力を出し切ってくれた。2人同時に最重量級を制したのは本当にすごいこと」と称え、佐藤市長は「素晴らしい結果で同じ世代の人たちにとっても励みになると思う」と話した。
 

オール一本勝ちの平野さん=小川道場提供
オール一本勝ちの平野さん=小川道場提供
小5で競技を始めた小出さん=小川道場提供
小5で競技を始めた小出さん=小川道場提供

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook