茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

内藤寧々さん BMXエリートで日本一 フリースタイル・パーク

スポーツ

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
内藤さん。本拠地・鵠沼海浜公園スケートパークそばの海岸にて
内藤さん。本拠地・鵠沼海浜公園スケートパークそばの海岸にて

 市内ひばりが丘在住の内藤寧々さん(15)が、9月17日から19日まで岡山県で実施された「第5回全日本BMXフリースタイル選手権」のパーク・女子エリートクラスで初の優勝を果たした。

 BMXフリースタイル・パークとは、自転車に乗った状態でジャンプ台から飛び上がり、回転などの技を競う競技。内藤さんは昨年「13-15歳クラス」で優勝しており、今回は15歳以上が出場できる「エリートクラス」での挑戦となった。

10日間で「成長」

 内藤さんは本大会を迎えるにあたり、10日前から岡山県入りした。これまで親とともに移動することが多かったが、今回は単身でのホテル住まい。短期間ではあるものの「初めての一人暮らし」だった。岡山県内の練習場にて、連日みっちりと特訓した。

 この期間、特に重点を置いたのが「ターンウィップ」。アール(ジャンプ台)からアールへと飛び移りながら、ハンドルを軸として自転車を一回転させる高難度の技だ。5月に茨城県で行われたジャパンカップで失敗し転んでしまった経緯がある。

 だが今回の特訓により「どんな(形状の)アールでも成功させる感覚をつかむことができた」と内藤さん。また同大会4連覇中で東京オリンピックにも出場した大池水杜(みなと)選手(24)とともに練習に励んだことも、成長に欠かせなかった経験だ。「気にかけてくれたり、面倒を見てくれたりして、とても刺激になった」と振り返る。

レベル上げ世界へ

 そして迎えた本番。練習で繰り返してきたターンウィップのイメージを見事に表現し、合計60・00ポイントを獲得。転倒でポイントが伸びなかった大池選手を1・33ポイント上回り、初タイトルを獲得した。「めっちゃうれしい。前回失敗した技を決められたから」と内藤さん。一方、大池選手の転倒がなければ優勝は難しかったという認識から、「もっともっとレベルを上げていかなければいけない」と思いを新たにしたという。

 目下練習に取り組むのは、飛び上がり横方向に360度回りながら技を繰り出す「サブロク」。その先に見据えるのが世界大会、そして「強化選手」として練習に励むパリ五輪の舞台だ。

 「オリンピックで活躍して、BMXの魅力も広めていけたら」と前を見据える。

男子エリート覇者・中村輪夢さんと会場で記念撮影(本人提供)
男子エリート覇者・中村輪夢さんと会場で記念撮影(本人提供)

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook