茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

聖火がつないだ不思議な縁 小学生の自由研究がきっかけ

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
左から對比地さん、阪本君、藤崎さん
左から對比地さん、阪本君、藤崎さん

 市内元町の路上で10月3日、小さな「聖火リレー」が行われた。

 きっかけは藤沢市在住の小学1年生、阪本航愛(こうあ)君の自由研究。阪本君は夏休みを利用して今回と前回の東京五輪の聖火リレーコースを実際に走り、聖火の意味や歴史についてまとめた。そのことを知った聖火ランナー2人が「五輪に関心をもってほしい」と実際に使用されたトーチを持参した。

聖火コース巡る

 自宅近くを走る東京五輪の聖火リレーを楽しみにしていたという阪本君。新型コロナの影響で公道走行の中止が決まると「自分で走ってみよう」と思いついた。

 6月27日から「一人聖火リレー」がスタート。7月から8月に両親や弟とともに20日間かけて江の島、片瀬海岸、龍口寺、藤沢市役所などの公道コースを走った。成果は約40ページに及ぶ「コウアンピック ひとりでせいかリレー」と題した自由研究にまとめられ、タウンニュース藤沢版でも取り上げられた。

 その記事を目にしたのが、市内菱沼在住で東京五輪の聖火ランナーを務めた藤崎直哉さん。デュアスロンの日本代表として長く活躍し、五輪後も講演などを行っている藤崎さんは「ぜひ阪本君と一緒に走りたい」と父・孝太さんに連絡を取り、この日の「聖火リレー」が実現した。

 実はこの日走ったのは、阪本君が1964年の東京五輪の聖火ルートを回った際、古い資料で「藤沢市羽鳥」として写真が掲載されていた場所が「茅ヶ崎市元町」だと突き止めていた場所。

 藤崎さんと同じく聖火ランナーを務めた對比地(ついひじ)康之さんとともに3人で走った阪本君は「暑い中コースを走るのは大変だったけれど楽しかった。実際の聖火のトーチはきれいだった」と笑顔を見せ、藤崎さんは「阪本君の行動力に感心した」と話した。

研究の成果を指さす阪本君
研究の成果を指さす阪本君

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「怒りの本質」を学び、知る

「怒りの本質」を学び、知る 社会

2月15日 アンガーマネジメント講座 

1月14日号

ドーム型のオブジェ登場

江の島ヨットハーバー

ドーム型のオブジェ登場 社会

1月14日号

花のフォトスポット出現

花のフォトスポット出現 文化

茅ヶ崎産の花き集結

1月14日号

新成人が門出迎える

2年ぶりの会場開催

新成人が門出迎える 文化

1月14日号

男女の視点で防災力アップ

男女の視点で防災力アップ 社会

いこりあで1月24日

1月14日号

えぼし座が出演者募集

えぼし座が出演者募集 文化

最新情報・エントリーはHPから

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook