茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

無印良品 ラスカ茅ヶ崎 藍染め工房とコラボ展示 店舗で地域の魅力を発信

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
店舗入口で開催中の展示。藍色が映えるディスプレイに
店舗入口で開催中の展示。藍色が映えるディスプレイに

 無印良品 ラスカ茅ヶ崎は、芹沢の藍染工房『Saiai  Studio』とコラボし、「自然と物を大切に」をテーマとした展示会を行っている。「地域で活躍するローカルヒーローとつながって、その魅力について店舗で伝えていこう」という同店初めての試みで、展示は10月31日(日)まで。

 今回、店頭で展示されているのは、スタッフが実際に藍染めした作品(非売品)をはじめ、工房の取り組みを紹介するパネルなど。白や木目を基調とした同店のシンプルな家具と、藍色をアクセントカラーにしたインテリアを通じて、「藍のある暮らし」を提案している。

店舗を出て地域へ

 丸山翼店長が、茅ヶ崎に藍染め工房があることを知ったのは、今年8月。茅ヶ崎で環境問題や社会課題の改善に向けてさまざまな活動を行う20代の女性ユニット『BENIRINGO』のフリーペーパーを展示したことがきっかけだ。

 無印良品では近年、店舗から街へ出て地域とつながり、その地域の魅力やより良いくらしを提案する取り組みを各店舗ごとに展開。また、愛用してきた衣類を「藍色」に染め直し、新たに再利用する取り組みも実施していることもあり、今回の展示が実現した。

 9月には丸山店長らが実際に工房を訪れて藍染めを体験。同店で取り扱うオーガニックコットンのカバーやエコバッグに新たな息吹を与えた。

 工房を主宰する佐野太紀さんによれば、同店の展示を見た人が藍染め体験に訪れたり、問い合わせも増えたりと、早くも地域の新たなつながりを感じているという。

 丸山店長は「これからも地域の活動を担うローカルヒーローに焦点をあてながら、地域の魅力を発見するお手伝いができたら」と話す。

藍染めする丸山店長(上)とスタッフ
藍染めする丸山店長(上)とスタッフ

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

えぼしわかめ収穫最盛期

えぼしわかめ収穫最盛期 経済

1月29日から限定販売

1月28日号

「キセキの花火」が大輪の花火を打ち上げた

避難訓練コンサート

参加者募集

避難訓練コンサート 文化

3月10日、文化会館で

1月28日号

注意報3時間前から変化

トンガ沖噴火市内で被害報告はなし

注意報3時間前から変化 社会

1月28日号

八王子行きが3月廃止

相模線

八王子行きが3月廃止 社会

背景に横浜線利用増

1月28日号

確定申告相談、予約で対応

確定申告相談、予約で対応 社会

会員向け 湘南青色申告会

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook