茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

「未来創生・湘風クラブ」市政報告 感染症対策と市民サービスの両立を

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 世界的な新型感染症の流行と国内外の政治的要因により外交・経済のスタンダードが変わろうとしています。特に極東アジア情勢は極めて不安定な状況となっています。

 日本が変化に対応しながら国力を維持し、世界平和に寄与するために基盤となるのは国民であり、基礎単位は個であり家庭です。そして身近な基礎自治体の役割は益々重要性が増しています。特に人口減少と少子高齢化は「待ったなし」の状況である事を前提に、9月1日から29日に開催された9月議会に臨みました。

9月定例会が開催

 令和2年度決算については、新型感染症対策を第一に必要な市民サービスの提供と自主財源確保に努めた事は評価しました。一方で業務量の見直しが甘いまま人員削減を進めた結果、増加した保健所業務に人員をとられ市民サービスに不足が生じた事を指摘しました。

 また事業の見直しと感染症対策の結果、不用額が約64億円発生。予算編成時に80億円不足との説明があり様々な分野で事業の廃止・一時凍結を行った以上、使い方を明確化すると同時に令和4年度予算編成時に再度見直しを行い、必要な市民サービスを安定的に供給すべきと指摘しました。

 教育については、感染症を災害と仮定して「学びの確保」に向けた情報共有を進めるべきでしたが、依然として行政・教育現場に乖離がある事例が散見され残念でした。

 市立病院会計については、神奈川方式に加わり感染症対策に尽力したことにより、国の支援も受けて黒字経営を達成したことは評価しましたが、アフターコロナを踏まえた経営健全化計画は、引き続き推進すべきと判断しました。

 議案については、国庫による感染症対策費の使い道を主な議題に、窓口支払い自動化や特別支援学級2校設置、令和2年度に発生した不用額約64億円中30億円を財政調整基金に繰り入れ見える化した事、感染症対策補助費が新設された事など妥当と判断いたしました。

柾木議員が一般質問

 会派を代表して柾木議員が一般質問を行い【1】新型感染症に対応した行政運営について、業務の適正化と組織改革・意識改革・庁内の感染症対策【2】アフターコロナを見据えた行政運営について、現状認識と課題と未来への展望と次年度予算編成【3】感染防止策に非協力的な店舗に対する批判と対応、について質問を行いました。9月定例会後にはこれらを集約し予算要望を行う予定です。

(問)代表/広瀬忠夫【メール】hirose-123.ok@docomo.ne.jp

未来創生・湘風クラブ

茅ヶ崎市緑が浜6-22

TEL:0467-85-5920

茅ヶ崎版の意見広告・議会報告最新6

パワーアップ神奈川!

県政報告

パワーアップ神奈川!

神奈川県議会議員 永田てるじ

11月12日号

県政に直球勝負!

意見広告

県政に直球勝負!

神奈川県議会議員 ます晴太郎(31歳)

11月5日号

感染症対策と市民サービスの両立を

「未来創生・湘風クラブ」市政報告

感染症対策と市民サービスの両立を

10月22日号

令和3年度第3回定例会・決算議会を終えて

茅ヶ崎市議会会派「絆・新しい風」議会報告

令和3年度第3回定例会・決算議会を終えて

10月22日号

引き続き経済対策とコロナ対策を

茅ヶ崎市議会会派 ちがさき自民クラブ

引き続き経済対策とコロナ対策を

令和3年第3回定例会議会報告

10月15日号

日本を前に進める

特別対談

日本を前に進める

河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

10月15日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook