茅ヶ崎版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

11月は児童虐待防止推進月間 「相談ためらわないで」 県などが呼び掛け

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
啓発カードを紹介する県中央児童相談所の安島主任主事
啓発カードを紹介する県中央児童相談所の安島主任主事

 11月は厚生労働省が定める「児童虐待防止推進月間」。深刻な児童虐待は全国で後を絶たず、藤沢市を含む県内での認知件数も右肩上がりの状況が続く。未然に防ぐためには地域社会での意識共有が不可欠で、県や市が「虐待かもしれないと思ったときは速やかに児童相談所に知らせてほしい」と呼び掛けている。

 県によると、藤沢、茅ヶ崎、寒川の2市1町を管轄する中央児童相談所の児童虐待に関する相談件数は2020年度が2012件(大和市含む)。5年前の15年度845件と比べると倍以上に増加した。

 内訳でみると、最も多いのが心理的虐待で1330件。身体的虐待が341件、ネグレクト(育児放棄)が331件、性的虐待が10件と続いた。

 県内5カ所ある児童相談所でも概ね同様の傾向で、度重なる虐待事件の発生を受け、社会全体で子どもを守る意識が高まったことなどが要因とみられる。

 ただ、深刻な虐待であっても相談できずに抱え込むケースも相当数あるとみられ、中央児相の安島大輝主任主事は「児童虐待は段々エスカレートするケースも少なくない。たとえ深刻でなくても知らせてほしい」と呼び掛ける。

 相談は24時間通話料無料の児童相談所虐待対応ダイヤル「189(いちはやく)」へかけると居住地域の児童相談所につながる。また県ではアプリを活用した相談窓口「かながわ子ども家庭110番相談LINE」(月〜土、午前9〜午後9時)も設けており、利用を呼び掛けている。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

パイプオルガンコンサート

平和学園

パイプオルガンコンサート 文化

12月11日 先着250人

12月3日号

自分の健康は自分で守ろう

「おしごと」の大切さ体験

市内小学生と保護者ら 茅ヶ崎YEG

「おしごと」の大切さ体験 社会

12月3日号

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍

円蔵に本社 (株)由紀精密

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍 経済

超小型人工衛星のエンジンを開発

12月3日号

空手五輪代表の技間近で

空手五輪代表の技間近で スポーツ

柳島自治会館で体験会

12月3日号

大隅寿男ジャズライブ

大隅寿男ジャズライブ 文化

ハスキーズギャラリーで

12月3日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook