ホーム > 寒川版 > ローカルニュース > 真剣な眼差しで筆を走らせる

寒川

小・中学生が書初めに挑戦

真剣な眼差しで筆を走らせる

優秀作品は町民センターで展示中
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
一文字ずつ丁寧に書き上げていった
一文字ずつ丁寧に書き上げていった

 新年の決意を筆に込める「書初め大会」が1月8日、寒川町民センター、北部文化福祉会館、南部文化福祉会館の3会場で開催された。主催は寒川町教育委員会、協賛は寒川書道連盟。子どもたちは、同連盟の会員や親からのアドバイスを受けながら、時間をかけて力作を書き上げた。

 毎年恒例の同大会は、町内の小・中学生を対象に実施されているもの。小学生は学年に応じて、「はな」「うめの花」「書きぞめ」「元気な子」「希望の春」「銀の世界」と課題が決められている。中学生は「未知への挑戦」を書く。

 会場の一つとなった南部文化福祉会館のホールは、画仙紙を広げた子どもで一杯となった。参加者はまず、課題の文字を一文字ずつ練習。墨の正しい付け方、筆の動き、文字のバランスなどについて同連盟の会員から指導を受けた。清書では真剣な表情で、丁寧に筆を走らせていた。

 大会の優秀作品は今月23日(日)まで同センターで展示されている。
 

関連記事

powered by weblio


寒川版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フリーマーケットを開催

フリーマーケットを開催

あす18日(土) さむかわ中央公園で

5月18日~5月18日

寒川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野