ホーム > 寒川版 > ローカルニュース > 18事業を仕分け

寒川

18事業を仕分け

町民が必要・不要を判定
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
寒川町の事業仕分け結果
寒川町の事業仕分け結果

 町が進める事業の必要性や実施方法などについて評価する『事業仕分け』が4月17日、寒川総合体育館で行われた。平成20年に初めて行われたこの事業仕分け。町民から要望があった事業や高額な事業、経費削減が見込まれる事業などについて必要か不要か、必要であれば民間、行政のどちらが担うべきか、改善すべきかなどを判断する。

 2回目となった今回は、町が指定した仕分け人12人と、町民から無作為抽出で選ばれた町民判定人16人が2班に分かれて判定を行った。仕分け対象となったのは、コミュニティバス運行事業や子育て支援事業、総合図書館維持管理経費など18事業。当日は約70人が傍聴に訪れるなか、町職員などから事業内容を聞き、必要性の有無などを議論していった。

 寒川町は今後、仕分け結果を踏まえて方針を検討。夏ごろには各事業に対して方針を固め、ホームページなどで公表する予定。
 

関連記事

powered by weblio


寒川版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フリーマーケットを開催

フリーマーケットを開催

あす18日(土) さむかわ中央公園で

5月18日~5月18日

寒川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野