寒川版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

健康への心配はなし 町が小中学校など11ヵ所で放射線測定

社会

グラウンドで検出器による測定が行われた
グラウンドで検出器による測定が行われた

 寒川町環境課では今月10日、町立小中学校8校と町立保育園3園で環境放射線の簡易測定を行った。

 これまで町は環境放射線の状況確認を茅ヶ崎市にある神奈川県衛生研究所のモニタリングポストの測定値で監視していたが、この数値が町内の数値とどれくらい差があるかを測定することで今後の安心の目安にしようとこの測定が行われた。測定機器により差がでることがあるため、11ヵ所の調査の前に衛生研究所で機器の比較調査も実施された。

 町内の調査は各学校の地上1m、地上1cmの地点で測定。地上1mでは最大値が0・05毎時マイクロシーベルト、最小値は0・04毎時マイクロシーベルト、地上1cmでは最大値が0・06毎時マイクロシーベルト、最小値は0・04毎時マイクロシーベルトを記録した。この数値は研究所のモニタリングポストの数値とも差がないことから健康への心配はないという。

 町では調査結果とモニタリングポストの数値に差がないことから、今後も研究所の測定値で監視を続けていくとしている。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク