寒川版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

自作ロボで腕競う プチロボ寒川大会

教育

はんだごてを使ってロボットを作る子どもたち
はんだごてを使ってロボットを作る子どもたち

 ものづくりの楽しさを体験してもらおうと、県立青少年センターと寒川町の共催で「プチロボ寒川大会」が7月9日、町役場東分庁舎で行われた。当日は、寒川町を中心に茅ヶ崎市や綾瀬市から小学生23人が参加。午前はプチロボの作成、午後は操縦訓練と競技会が行われた。

 子どもたちは先生から教わりながら、慎重にロボットを組み立てていった。中にははんだごてを使う作業もあり、初めて扱う工具に緊張した表情を浮かべる場面も。2時間ほどで、それぞれ工夫をこらしたクワガタのようなプチロボが完成した。

 午後はプチロボ競技会を開催。迷路の途中にあるボールをゴールまで運ぶタイムを競った。子どもたちはコントローラーの操作に悪戦苦闘しながら、ゴールをめざしていた。

 競技会で優勝した内藤彰くん(松浪小6年)は、「ボールをつかまえるときの角の形や、モーターを取り付けるところを工夫しました。とても面白かった」と話していた。

 入賞者は次の通り。

 優勝/内藤彰くん、2位/柿沼真人くん(寒川小4年)、3位/内田海くん(松浪小6年)。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク