寒川版 掲載号:2012年7月20日号
  • LINE
  • hatena

政治から見る生麦事件 松沢前知事が新著

政治

新著を語る松沢氏
新著を語る松沢氏

 前神奈川県知事の松沢成文氏がこのほど、自著「生麦事件の暗号」(講談社)を出版した。

 生麦事件は、幕末の鶴見で起きた歴史的な事件。薩英戦争から明治維新へと、日本が開国へ舵を切るきっかけとも言われ、今年で発生から150年目を迎える。

 そんな歴史の一幕を「政治家として見た歴史観」から書いた。松沢氏は「教科書では、日本を知らない外国人を無礼討ちした、文化摩擦として片づけられているが、そもそも無礼討ちでは殺さない。疑問が残る」と独自の意見を展開。膨大な資料を研究し「新たな解釈を試みた」と新著を語る。

 「日本の歴史を振り返ると、機能不全の中央政権は、必ず地方から取って代わられている」と綴る松沢氏。

 政治家目線での新たな歴史書は、本体1500円(税別)。全253ページ。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク