寒川版 掲載号:2012年8月24日号
  • LINE
  • hatena

寒川町レクリエーション協会の会長を務める 奥津 肇さん 岡田在住 66歳

「外に出てスポーツ楽しんで」

 ○…今年で35回目を迎えた「寒川レクリエーションフェスティバル」。このイベントを主管する寒川町レクリエーション協会の会長を務める。ゲートボール、卓球、グラウンドゴルフなど8種目の各団体からなる同協会の会員は約300人。自身はバドミントンに所属している。会長には今年4月に就任した。

 ○…終戦の年、疎開先の群馬県で生まれた。10歳のとき、父の仕事の関係で寒川町へ。寒川小、寒川中を経て、日立グループに就職し、機械業界の技術者として41年間働いたという。同協会に入会したのは35歳の時だ。会社のバドミントン大会に出場したが、「それまでやったこともなかったし、運動不足もあってまったく駄目だった」と当時を振り返り苦笑する。町内会で話を聞き、さっそく同協会のバドミントンに入会。めきめきと力をつけ、会社の選手として大会に出るまでになっていったそうだ。

 ○…1976年の設立時、12団体あった種目も会員の減少や高齢化などで減ってしまった。レクリエーションフェスティバルでも、当日の体験だけで入会に結びつかないのが悩みのひとつ。「でも、各団体とも熱心にやっています」と話す。「高齢者の生涯学習スポーツとしても意味がある。家に引きこもっているのではなく、自分にあったスポーツを見つけて、外に出てもらえれば良い」

 ○…現在は会社を引退したが、自治会長を引き受けているほか、バドミントンの審判資格も持っているため県内の大会で主審を務めるなど、忙しくも精力的な日々を送る。趣味は家庭菜園。畑を借りて主に一人で野菜を育てているそうだ。出掛けついでに、結婚した娘の家まで手作りの野菜を届けに行ったりもする。孫もいるそうで、「娘に持たされてるんだよ」と照れ笑いしながら、1歳になる下の孫の写真キーホルダーを取り出してみせる。目尻が下がって『おじいちゃん』の表情が垣間見えた。
 

寒川版の人物風土記最新6件

島村 雄馬さん

成人式実行委員会の委員長を務める

島村 雄馬さん

12月14日号

山本 幹雄さん

中学校美術作品展の中心企画者として、40年以上携わってきた

山本 幹雄さん

11月30日号

川奈 ゆかりさん

グラスデザイナーとして活躍する

川奈 ゆかりさん

11月16日号

平間 章二朗さん

国際大会「第8回ベテランテコンドー選手権大会」の「ゴールドクラス(50歳以上)3段トゥルの部」で優勝した

平間 章二朗さん

11月2日号

田中 勝さん

茅ケ崎警察署長に就任した

田中 勝さん

10月19日号

後藤 委弘(よしひろ)さん

神奈川県図書教材協会の会長に就任

後藤 委弘(よしひろ)さん

10月5日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク