寒川版 掲載号:2013年4月5日号
  • LINE
  • hatena

県花き展覧会スイートピーの部で金賞1席に輝いた 吉田 光晴さん 宮山在住 49歳

生産は試行錯誤の連続

 ○…花とみどりのフェスティバル第35回神奈川県花き展覧会スイートピーの部で「金賞1席・神奈川県農業協同組合中央会長賞」を受賞した。出品したのは『リップルラベンダー』という品種で、平成15年に神奈川県農業技術センターで開発され、スプレーで吹きかけたような模様が特徴。「自分が生産した中で一番いいものを出品しました。花の付き方やバランスなどが、たまたま審査員の方に気に入られただけだと思いますので…」と謙虚に振り返る。

 ○…同じ品種で、他のコンテストでも最高栄誉の賞に輝いたことがある。「この品種とは相性がいいのでしょうね。最初におおまかな情報はもらうんですけど、作り始めてやっと理解できることが多い。この品種も特徴がだんだんわかってきましたよ」とまだまだこれからといった様子だ。現在扱う品種は14種類。生産は試行錯誤の連続だが、今年は初冬の寒さや3月の暖かい陽気の影響で、出荷に追われたという。

 ○…農家に生まれ「ただ漠然と自分も農業をやるのかな」と思った。社会に出たのは、ちょうどバブルが膨らみ始めた頃。父の勧めもあり農協に勤めはじめた。「ネクタイを締める仕事に憧れていたんですよ。出張とかカッコイイじゃないですか」と笑う。結婚して30歳を機に退職。農業一本の道を歩み始めた。家族は妻と1男2女。「農業は食べていくだけで大変です。子どもたちには好きな道を歩んでほしい」と優しい父親の表情になった。

 ○…スイートピーが終わるとメロンが始まる。温室の修理、資材の整理、休む暇はない。時間があれば県外のスイートピー農家を見学し、技術を吸収する。「他所を見ると『やらなきゃ』って思うし、何より参考になることが多い」。省力化して効率を上げることも大きな課題。「『今年は大成功だった』そう言える年を経験してみたい。それが当面の目標ですね」。貪欲な向上心は尽きることがない。
 

寒川版の人物風土記最新6件

島村 雄馬さん

成人式実行委員会の委員長を務める

島村 雄馬さん

12月14日号

山本 幹雄さん

中学校美術作品展の中心企画者として、40年以上携わってきた

山本 幹雄さん

11月30日号

川奈 ゆかりさん

グラスデザイナーとして活躍する

川奈 ゆかりさん

11月16日号

平間 章二朗さん

国際大会「第8回ベテランテコンドー選手権大会」の「ゴールドクラス(50歳以上)3段トゥルの部」で優勝した

平間 章二朗さん

11月2日号

田中 勝さん

茅ケ崎警察署長に就任した

田中 勝さん

10月19日号

後藤 委弘(よしひろ)さん

神奈川県図書教材協会の会長に就任

後藤 委弘(よしひろ)さん

10月5日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク