寒川版 掲載号:2013年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

寒川町 地域担当職員制度を導入

 寒川町では、地域住民と行政とが情報を共有し、相互の理解と連携を深めるため、町内の各自治会に担当職員を置く「地域担当職員制度」を実施すると発表した。管理職の職員が月に1回、担当の自治会定例会に参加し、地域の声を聞き、実情を把握することに努める。

 各自治会に2名以上の職員を配置する予定。南部地区(田端・一之宮東・一之宮西・一之宮北第1・一之宮北第2・一之宮ソフィア・中瀬・筒井・大曲)は18人以上、中部地区(岡田東・岡田西・新町・越の山住宅・岡田もくせいハイツ・県営寒川もくせいハイツ第二・菅谷台・大蔵・小谷・新橋アパート・宮山南部)は22人以上、北部地区(小動・宮山・倉見)は6人以上を予定している。

 木村俊雄町長は「職員には常々地域に出向くよう指示しているが、きっかけがないと難しい。地域からいろいろな話を聞ける機会にしたい」と話している。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

次世代の企業人を育成

子ども未来塾 塾生募集

寒川で拉致問題啓発舞台

西方極楽浄土へのあこがれ

IIIS土曜講座

西方極楽浄土へのあこがれ

8月24日号

エントリー13高校を指定

学力向上進学重点校 県教委

エントリー13高校を指定

8月24日号

全宅連トップに

県宅建協会坂本久会長

全宅連トップに

8月24日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク