寒川版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

NPO法人ゆい 海浜植物の里親募集開始 半世紀前の海岸再生を

文化

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena
毎年行っている植栽活動
毎年行っている植栽活動

 湘南海岸にかつて自生していた砂草を甦らせようと、NPO法人ゆい(荒井三七雄代表)が砂浜に植えるハマボウフウなどの苗を自宅で育てる里親の募集を行っている。

 ゆいが取り組んでいる「湘南海岸 砂草の100人里親プロジェクト」は、かつて海辺でよく見かけた海浜植物の減少を食い止めようというもの。これまでハマボウフウをはじめ、ハマヒルガオやハマエンドウ、コウボウムギ、ハマゴウを育ててきたが、今年は新たに県の絶滅危惧種に指定されているビロードテンツキの育成、植栽も予定している。

 里親会に参加(年会費300円)すると、同NPOが発芽させた苗が4月頃に手渡され、アドバイスを受けながら自宅や学校、職場で育成。会員は観察会や勉強会、保全活動などに参加できるほか、育った苗を湘南海岸に植樹する移植会に参加できる(里親だけの参加も可能)。ゆいでは「できるだけ多くの方々に海辺の環境保全活動に参加して頂きたいです。タイトルの100人にはこだわらず、人数を超えても苗の用意が出来る限りお渡しします」と話している。

 応募手続きはゆいのHP(【URL】http://www.npoyuhi.jp)で行っている。詳細や問い合わせは荒井代表【携帯電話】090・3914・0062、【メール】info@npoyuhi.jpへ。

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook