寒川版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

NPO法人ゆい 海浜植物の里親募集開始 半世紀前の海岸再生を

文化

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena
毎年行っている植栽活動
毎年行っている植栽活動

 湘南海岸にかつて自生していた砂草を甦らせようと、NPO法人ゆい(荒井三七雄代表)が砂浜に植えるハマボウフウなどの苗を自宅で育てる里親の募集を行っている。

 ゆいが取り組んでいる「湘南海岸 砂草の100人里親プロジェクト」は、かつて海辺でよく見かけた海浜植物の減少を食い止めようというもの。これまでハマボウフウをはじめ、ハマヒルガオやハマエンドウ、コウボウムギ、ハマゴウを育ててきたが、今年は新たに県の絶滅危惧種に指定されているビロードテンツキの育成、植栽も予定している。

 里親会に参加(年会費300円)すると、同NPOが発芽させた苗が4月頃に手渡され、アドバイスを受けながら自宅や学校、職場で育成。会員は観察会や勉強会、保全活動などに参加できるほか、育った苗を湘南海岸に植樹する移植会に参加できる(里親だけの参加も可能)。ゆいでは「できるだけ多くの方々に海辺の環境保全活動に参加して頂きたいです。タイトルの100人にはこだわらず、人数を超えても苗の用意が出来る限りお渡しします」と話している。

 応募手続きはゆいのHP(【URL】http://www.npoyuhi.jp)で行っている。詳細や問い合わせは荒井代表【携帯電話】090・3914・0062、【メール】info@npoyuhi.jpへ。

寒川版のローカルニュース最新6

ブルースハープライブ5月1日〜整理券配布

寒川の美味大図鑑

三つの輪 その意味は

町の保健対策チームが着ける

三つの輪 その意味は 社会

4月30日号

海を感じる婚姻届

茅ヶ崎市で配布開始

海を感じる婚姻届 社会

4月30日号

海水浴場開設へ準備

海水浴場開設へ準備 社会

海開きは7月中旬目途に

4月30日号

5月15日(土)民謡講座

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter