寒川版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

ハードコートの砂入り人工芝化を訴える寒川町テニス協会の会長 西生 孝雄さん 小動在住 70歳

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

年配者のためにも

 ○…テニスコートの種類はハード、クレイ、オムニと様々あるが、最近では足腰に負担の少ない、砂入り人工芝のオムニコートが主流となっている。しかし、寒川町の町営施設は旧態依然としたハードコートのまま。「私の知る限り、公営のコートでオムニ化されていないのは、県内では寒川町だけ。ハードは腰や膝に負担が激しい。最近の試合に50歳以上の方の参加が減っているのは無関係ではないと思います」と現状を話す。表面はひび割れ、足が引っ掛かることも。これでは生涯スポーツとして年配者が使える状態ではない。

 ○…併設する町営プールが床の隆起で使えなくなってしまったのは、昨年の夏のこと。それ以前から一部プールは使用不可となっており、結局は町の財政面の厳しさが公共施設の改修費に反映されていない現実が浮き彫りとなった形だ。「プールも含めて、なんとかリニューアルさせてほしい。署名でもなんでも集めて、何か行動を起こしたいとも考えています」。町内外からも「なんとかしてくれ」との声が多いという。スポーツ振興の名の下、力を結集していく覚悟だという。

 ○…九州生まれ。神奈川県企業庁寒川浄水場で65歳まで勤めた。寒川町体育協会の理事として40年以上尽力し、卓球協会の会長は37年前の設立時から務め、2年前に退いた。「卓球は体育館の完成で環境がよくなった。今はテニスの環境が心配だね」。とはいえ町のスポーツ全般に目を配っており、この50年間土日はスポーツ大会会場での運営サポートに終始。「3人の子どもの運動会も見に行けなかったね」

 ○…取材会場となった大曲の湘南ファミリーテニスクラブでプレーを楽しむ毎日。仲間とジョークを飛ばし合いながらの楽しい日々。県代表としてねんりんピックにも出場するなど、プレーヤーとしても健在だ。「健康かって?頭以外は健康だよ、ハハハっ」。クラブハウスに笑い声があふれる。

寒川版の人物風土記最新6

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook