寒川版 掲載号:2014年5月2日号 エリアトップへ

デビュー30周年を迎え、新曲30曲を連続リリースする テミヤンさん(本名・宮手 健雄さん) 茅ヶ崎市東海岸南在住 57歳

掲載号:2014年5月2日号

  • LINE
  • hatena

生きることが即ち音楽

 ○…「様々な人に支えてもらった30年だった」と、音楽人生を振り返る。その感謝を込めて、新曲30曲のリリースに取り組んでいる。バラエティ豊富な楽曲群は幅広い音楽的素養を物語る。嬉しかったのは、多くのクリエーターが制作協力を申し出てくれたこと。「ジャンルや世代の壁を超えて交流してきた。そうした姿勢に共感してくれているのかな」と感慨深げだ。

 ○…平塚市に生まれ中学生の頃に茅ヶ崎に。同時期にフォークソングに傾倒し、音楽活動を始めた。だが、大学時に地方出身者のライブを見て壁にぶつかったという。「みんなが土着的な言葉を持っている。でも、自分には地に足の着いた言葉がなかった」。自分の言葉を探し、辿り着いたのが”茅ヶ崎”だった。「恐ろしくも魅力的な海の姿、松林に可憐なハマヒルガオ、そしてサーファーや漁師たち。豊かな環境が僕を育んだ。だったらそれをベースに歌っていくべきだと」。以来、古き良き茅ヶ崎の姿を歌に乗せてきた。”浜辺のフォークシンガー”たる所以だ。

 ○…1984年にソロデビューを果たし、楽曲提供やバンドなど活発な音楽活動を展開してきた。その一方で、海辺の野草研究とそれを使った料理に勤しむ。「浜大根やハマボウフウなど砂浜の野草は、漁師さんの食事に使われていた。何気ない植物も海辺の文化に直結するのが面白い」。初詣も毎年寒川神社で行うなど地域に根ざした生活を送る。「湘南にはブランドイメージがあるけど、昔ながらの大らかで豊かな茅ヶ崎の風土も伝えていきたいね」と語る言葉は力強い。

 ○…一貫したライフスタイルの一方で、悩みもがくことも少なくないという。だが、「悩むこと、生きることがフォークシンガー」と、生のすべてが曲の源泉となる。近年は、他人の経験をモチーフに作曲することも増えた。「作り事ではない、生きた思いを表現していきたい」。新たな音楽は、今日も生まれている。
 

寒川版の人物風土記最新6

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook