寒川版 掲載号:2014年5月2日号 エリアトップへ

湘南しらす漁 快調 1回で400kg超えも

掲載号:2014年5月2日号

  • LINE
  • hatena
釜揚げされたしらすが湯気を立てて並ぶ(北村水産で4月23日撮影)
釜揚げされたしらすが湯気を立てて並ぶ(北村水産で4月23日撮影)

 湘南のしらす漁が4月から好調となっている。3月11日の漁解禁直後は低調だったが、穏やかな天候が続いたこともあり豊漁の日々が続いているという。

 茅ヶ崎市内でしらす漁を専門に行っているのは4軒。それぞれ直売や大手スーパー、地元魚市場などで流通され、湘南のしらすとして消費者のもとへ届いている。

 「今は朝5時過ぎから船を出して1時間半くらいで10樽分(400から500kg)がいっぱいになりますよ。いない時は10時過ぎまで漁を行っているから最近は本当によく獲れるね」と話すのは北村水産(柳島海岸、【電話】0467・58・0437)の北村格代表(71)。しらすは黒潮の暖流に合わせて訪れる。沖からの黒潮が蛇行して相模湾に流れ込む時期にしらす漁が始まり、水温が17度くらいに上昇するとよく獲れるという。「しらすは風も雨も嫌う。今は良いけど成長すればよそへ行っちゃうし、いつ不調になるかも分からないのがしらす漁だよ」と北村代表。

 北村水産では水揚げ直後の生しらすを赤穂の天然塩を加えた釜で一気に茹で上げる。屋上で水分をとばすための天日干しをした後にパック詰めをしている。天日干しはその日の天候にも左右されるが、晴れていれば30分ほどで程よい釜揚げしらすに仕上がるという。

 屋上で作業を行う男性は「からっとした北からの風が吹いている時が良い。釜揚げなのであまり乾かし過ぎないよう注意しつつ、しっとりした感じを残しています。手に取った時に湿り気で手につかない程度のぱらぱら具合にしています」と話す。同社では獲れたしらすは釜揚げのほか、生しらすなどで直売、系列飲食店で提供している。

寒川版のトップニュース最新6

「紙幣メモ」1000束贈る

「紙幣メモ」1000束贈る 文化

宇野製作所から寒川町へ

2月7日号

十進王国キャラ高評価

十進王国キャラ高評価 文化

図書館職員考案 県外からオファーも

2月7日号

2カ所に照明付き案内

広域避難所

2カ所に照明付き案内 社会

広告収入でメンテナンス

1月24日号

公民館や学校など再編案

公民館や学校など再編案 社会

今月18日から町民説明会

1月10日号

438人が門出

438人が門出 文化

13日に町民センターで成人式

1月10日号

まさか私が聖火ランナー

まさか私が聖火ランナー スポーツ

一之宮の青田さん

1月1日号

町制80周年、五輪予選も

町制80周年、五輪予選も 社会

町の歩みPRする記念事業企画

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク