寒川版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

黄色い芍薬 命育てる喜び 大病克服の宮山・斉藤さん

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
斉藤さんと黄色い芍薬
斉藤さんと黄色い芍薬

 宮山在住の斉藤照久さん(79)宅で、黄色い芍薬(しゃくやく)が大輪の花を咲かせている。斉藤さんは30年前に大病を克服しており、「命を育てる喜びを感じる」と、3年連続の開花となった珍しい黄色の花に愛情を注ぎ続けている。

 サラリーマン一筋だった斉藤さんが30年前に病に倒れた。当時としては生存率がかなり低い部類の病気だったという。しかし、持ち前の生命力でこれを克服。定年まで会社を勤め上げ、その後園芸を始めた。「考え方、趣味も変わった。命を育てる喜びを感じた」。こう話してくれたのは、本紙が2年前に初めて黄色の花が開花したときに取材して聞いた話。芍薬は一般的には白や紅の花を咲かせるものが多く、黄色は交配により作られた珍しい種類だという。今年で3年連続開花に成功したことになる。

楽しみながら栽培

 会社員一筋だった斉藤さんは、書籍やテレビの園芸番組などで知識を学びながら様々な花を育て始めた。芍薬は5、6年前に「変わった花を育てたい」と思っていたところ、たまたま見つけた小さい苗を買い求めたもの。病気にならないよう消毒や肥料を与え、手塩にかけて育ててきた。オリジナルの育成マニュアルを作成するなど、命を育てる喜びを芍薬に注ぎ続ける毎日だ。「近所の人が見に来てくれる。癒しになってくれればいいね」と斉藤さんの笑顔が輝く。大病を克服した生命力が花に乗り移ったかのようだ。

寒川版のトップニュース最新6

絶滅危惧種、望みつなぐ

絶滅危惧種、望みつなぐ 文化

カワラノギク圃場は台風で壊滅

11月15日号

寒川出身の福岡さん3位

寒川出身の福岡さん3位 スポーツ

日本トライアスロン選手権

11月15日号

最高峰でふり絞る

最高峰でふり絞る スポーツ

スポーツマインド寒川の2選手

11月1日号

ツイン橋、一般4車線検討

ツイン橋、一般4車線検討 社会

 新駅への直結構想も再考か

11月1日号

3チームの6年生一丸

3チームの6年生一丸 スポーツ

OBがユニフォーム寄贈

10月18日号

氾濫危険水位に迫る

相模川神川橋付近

氾濫危険水位に迫る 社会

台風到来の12日(土) 約2mから8mへ

10月18日号

平間さん世界大会で栄冠

平間さん世界大会で栄冠 スポーツ

テコンドー寒川道場

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク